61p79svj3ql

北陸敦賀の旅の夜、道連れの高野の旅僧が語りだしたのは、飛騨深山中で僧が経験した怪異陰惨な物語だった。自由奔放な幻想の中に唯美ロマンの極致をみごとに描きだし... 続き

コメント

場面や情景の描写が味わい深い。「高野聖」の冒頭3ページが特に好き。

その他のコメント

こちらも、「岩波文庫読む人、かっこいい」からです。大学の頃、授業で当時の大ヒット作と聞いてからずっと気になっていたのですが、かなり苦戦しました。現代版高野聖ってないのかしら、です。

読者

#<actiondispatch::http::uploadedfile:0x007f213cd90850>8f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa8b0d7518 e7ce 4f48 80a5 fdf0ada871253e2b8c6c fc82 4208 8c8c 8a8d5f773fce 4人

泉鏡花の本

歌行燈・高野聖

歌行燈・高野聖

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

全部で5篇の小説が収録されているが、何とか読めたのは『高野聖』のみ。作者独特の文体は、時にメロディーが流れているかのように感じられるものの、すでに使われなくなった語彙も多く、さらには随所に能楽・歌舞伎・浄瑠璃、江戸時代の文学の欠片が散りばめられていて読み進めるのに苦労した。 それでも、妖怪が登場する怪異譚をここまで格調高く描き切った名作であることは間違いない。

約2年前

C6743f05 5a1b 479c 8c59 a350d452bdc8Fe789b40 eba6 44e1 a6b8 90882761e35e5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd 8