51p3t5jtm1l

『ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』の著者が描く、哀しい怪異譚――。 山深い寒村の旧家・蒼具家では、「盆に隠れ鬼をしてはいけない」と言い伝えられている。... 続き

コメント

建物にまつわる因縁を読み解き再生させる物語。

古き貧しき時代どの村にもあったであろう触れてはいけない悲しく辛い現実と向き合うこと、良い悪いではなく仕方がなかったのだと想いを馳せること、そういう物語でした。
なにより、春菜と仙龍の今後も気になります。

建物に纏わる怪異を書くシリーズになるらしいものの第一弾。
猟奇殺人班シリーズとはうってかわってしっとりとした和物ホラーでした。
空気感は三津田先生の刀城シリーズをものすごーーくライトにしたかんじだと思います。民話ホラーみたいな。
冒頭の語りが結末に繋がるのがなんとも物悲しい雰囲気を醸し出していて面白かったです。

11.12.30

寝る前には読まない方がいいかも。。
このヒタヒタ感苦手です。(T ^ T)
神永学さんの「心霊探偵八雲」に雰囲気が近い感じだと個人的に思いました。
怖くて悲しくて。チョット胸キュンして。次のシリーズ楽しみです。因みに因縁物件専門の曳き家の仙龍さんは男前です!

読者

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d22f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783Icon user placeholder3c58a9a2 b3d1 433a a11b ea0da0b53f501525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4F305cac8 e136 4eea 9e0c ce6b9c1f47e943cd3d8b 7503 417f 9845 58079e08ca03 7人

内藤了の本