Btn appstore Btn googleplay
9784575241853

江戸時代、山間の集落葛野には「いつきひめ」と呼ばれる巫女がいた。よそ者ながら巫女の護衛役を務める青年・甚太は、討伐に赴いた森で、遥か未来を語る不思議な鬼に... 続き

コメント

SNSから産まれた作品らしかった。
ライトノベルとも違う不思議な感じだ。
テーマは重い。
登場人物に、少し思い込みが過ぎる気がするが、最後まで読んでみなくてはわからないと思う。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholder1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656Ed56f445 daa3 45bb 8236 00ec7f9edddaCe97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8637a9027 784d 4e10 9636 55968ebfff4b38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21 10人

文芸

未必のマクベス

未必のマクベス

Da064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be

たか

小説が好きです

恋愛小説だと思っていたら、思わぬ話の展開に夢中になっていました。中井優一が次第に強くなる姿に、何とも言えず惹かれました。

3分前

220b7e4e 70e7 4af3 9ddd 4ecc0b33c328Picture6de3a1b2 e698 490d bed3 66146ca44247 58
草地は緑に輝いて

草地は緑に輝いて

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

本屋でいつも気になりながら、手に取るだけだったアンナ・カヴァン。図書館にあったのでつい借りて読んでしまった。 この人の本は何か読んではいけないような気がする。カフカ的とかいうが、所々にしか色彩のない見渡す限りの草原を行き先も分からず彷徨うような、目眩に襲われたようになってしまうから。

22分前

猫と偶然

猫と偶然

B6cf9293 4079 43ca a39f bd3ebfd04e55

miaou

slow pace

言われてみれば、猫と偶然は親和性が高い言葉だ。違和感がない。猫の文芸作品たちについては興味をそそられるものばかり。それらもエピソードも合わせたように、そこはかとない寂しさが漂い、思い出しては読み返したくなる一冊。次作はないのか。

約2時間前

圓朝

圓朝

1d65c4c2 df5e 4182 a2c6 ab2f3f8f31b8

オールドファッションドボーイ

ボロは、着てても心は、錦

演目がそれぞれの第になっているのは、うれしい。古典も最初は、新作だったのは、当たり前のようで、作者はすごいという事です。圓朝に目が離せない。

約3時間前