61bxwqnagil

未来へ 増える階段 マリオネット 一緒に見ていた 踊り場 K二六五 遺志 隠れ鬼 続き部屋 鬼〔ほか〕
続き

コメント

ホラー短編集。
化物が出てくる感じではなく、日常のちょっとした隙間に入り込む不可解なものの話ばかりでした。
しかしそれが物凄くこわい。一つ一つの話は短いのですがとにかくぞっとします。
名前がついた怪奇現象よりも、「よくわからないもの」がいちばん恐ろしいなと思いました。

特に嫌だったのがぶらんこの話と排水溝に髪の毛を流す話。
深夜に布団のなかで読んでいたのですが普段気にならない物音が物凄く気になって仕方なかったです。

17.01.28

読者

Icon user placeholder39daa13d a72a 4906 a7e4 ad8313cdb71eC7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a25804483d eac3 4915 84ba f8be3f50e9abF305cac8 e136 4eea 9e0c ce6b9c1f47e9 5人

小野不由美の本

屍鬼〈下〉

屍鬼〈下〉

F305cac8 e136 4eea 9e0c ce6b9c1f47e9

風見鶏

好きなものを好きなように

分類としてはホラー小説ですが、それだけじゃないのがまた。 普通吸血鬼やらゾンビやら、モンスターになってしまった元人間はもはや人間ではないものとなってしまって、自我も何も無くなるのが常ですが屍鬼は違う。 日常の自我を保ったままで人を殺さなければいけない葛藤というか。 そういうのは作中でも沢山書かれていましたが、起き上がりの悲劇のひとつだなと思います。 小野不由美さんの作品はこれがはじめてなのですが、文章が非常に巧みで、情景描写もさることながら心理描写がすごかったです。 群像劇的な話ですが、徹底的にあらがい、時に非道的な手を使っても戦おうとする敏夫と、受け入れ受け流しただ見ているだけの静信がまったく反対の性格で、ダブル主人公だなあって感じました。 前半から後半の半分くらいまでは、屍鬼が人間を狩るということ、つまり村人が次々死んでいくことが恐ろしさの中心だったのですが、後半は人間が屍鬼を狩ること、暴走した人間の怖さみたいなものが中心だったのが印象的でした。 怖かった。ホラーの怖さではなく人間の恐ろしさでした。 敏夫がやろうとしたことは私達人間側からしてみれば勿論間違ってはいませんが、屍鬼に思いを寄せる静信の気持ちも理解できなくはないし、すなこの寂しさも理解できるという辺りがまた複雑でした。 とにかくずっしりとおもしろかったです。 はじめて読んだときは真夏で、クーラーをガンガンに効かせた薄暗い部屋で、大変に雰囲気が味わえて楽しかった記憶があります。 この話を夏に読めてよかった。

1年前

39daa13d a72a 4906 a7e4 ad8313cdb71e5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2703fa157 21bc 4774 bc01 ea0e5b1abd93
東の海神 西の滄海―十二国記

東の海神 西の滄海―十二国記

01511063 aaf7 49ee a4da e44ec2c7d149

Eiji Nishida

通勤時に小説を読みます

此方と彼方で、ともに世に放り出された幼な子。ふたりは成長し、かたや麒麟、もうひとりは州官僚の臣下。異なる考えで国の平和を目指す、それぞれの主人同士がぶつかり合う。 先王の圧政により荒廃した雁国の未来は…。

2年前

C183958e 6d67 4025 a791 a3b8b64881356f3c5376 6e14 4795 99f4 bab40a6daeff
残穢

残穢

2a0ef3f7 0da6 4496 91bf 75e4c34de4ff

りりこ

猫と映画と美味しいものと、本が大…

現在、絶賛読書中です (〃∀〃)ゞ 来年、公開する映画の予告編を観て楽しみ過ぎて、初めての本格ホラー小説に挑戦してます‼️ 皆さんのレビュー見ると…『そばに置いておきたくない』と… 買うの躊躇いましたけど、読みたさの勝利‼️wまた感想は、後ほど〜♬

2年前

3efd0b9c 28ad 41da 860c 70d565f0cc0727e3a8c1 4a20 4fc6 a277 7af54db675e8414df52b d037 406a 9b01 ef5050b5712a 49
東亰異聞 1

東亰異聞 1

Dc792bbe dba5 4bf1 8877 750f2aae42d7

よぴ

申し訳ありませんが腐婆ですので察…

小野さんの東亰異聞コミカライズ 鷹司兄弟が美しいです、、、

2年前