51xxa3bt84l

コメント

本が好きで好きで仕方ないひとは、遅かれ早かれ自分で何かを書くことを考えるだろう。

でも自分が読んできた本と自分の書けるものの落差にがっかりして、いつの間にかやめてしまったり、先延ばしにしたりする。

そんなくすぶる情熱を持つひとに最適の本です。

読者

Cd03bf38 93f6 4cf9 9bd1 52c04421f2b7

人文

働きたくないイタチと言葉がわかるロボット 人工知能から考える「人と言葉」

働きたくないイタチと言葉がわかるロボット 人工知能から考える「人と言葉」

B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7

ねこのすず箱

主にミステリを読んでいます

言葉がわかるとはどういうことか。それをロボットにわからせるために今どんな技術があるのか。動物達のお話として語る入門書。後々技術を思い出そうとする時、これは蟻神、あれはフクロウの目とか思うのでとってもわかりやすい。言語学と自然言語処理。

2日前

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f9205c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd2b9beffb 9843 41eb b5b1 8cba3a81950a 15