51rp1pfuhyl

内乱以来、魔導士への迫害が悪化するラバルタ。デュナンは私塾で学ぶ魔導士の卵だ。ある日私塾が魔導士を逆恨みした村人に襲われ、師や兄姉弟子が殺されてしまう。生... 続き

コメント

少しずつ好転していくイドラ。少しずつ暗転していくラバルタ。
ラバルタから始まったシリーズの軸が、逃げてくる四人の子どもたちの手でイドラに移動しつつあるように感じたけど、どうやら途中で手を貸してくれた二人の魔導士たちの帰還で二分したように思える。次は二軸で物語が展開されるかもしれないワクワク感のあるラストに、次回が楽しみになる。
ゼクスは前回で師匠に再開し、今回で「昔の自分」に似た子に出会ったことで、改めて自分を見つめたのかな?年齢の割に大人な役割が回って来がちなゼクスの伸びしろがまだまだたっぷりあるのも嬉しい。

読者

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

佐藤さくらの本

魔導の黎明

魔導の黎明

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

著者が巻末に書いたように、登場人物は欠点だらけで、欠点というか致命的な何かを背負っていたりするけれど、そういうものを一切持たない人間がいるだろうか? タイプの違う登場人物たちのそれぞれの悩みに共鳴し、疑問を呈し、呆れながら「私にもこういうところあるな」と思わされる。そこがこの物語の魅力なんだろう。 レオンが禁術の只中で感じた世界が、この物語の全てであるように感じた。

5日前

魔導の福音

魔導の福音

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

スタートが前作とまったく関係していないシーンからで、全然違う時代とかなのかと思ったら、後半に前作の師弟が出てきました。綺麗に繋がりました。 国が違い、立場が違う人たちと、魔導。確かにあるのに「ないこと」としている世界での話。最後に見出された光明のようなものが、レオンとゼクスにとっても光明となるように。

4か月前

魔導の系譜

魔導の系譜

95ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5dd

シャルトリュー

漫画とライトノベルしか読んでない…

剣と魔法のファンタジーなのだが、ライトノベル的な話ではなく、ル=グウィンのゲド戦記の様な内容。 魔術を使える者を卑賤の者とする設定が新しい。 優秀賞受賞作なのだが、「空気感がない」ってことで加筆改稿したのだが、どんだけしたんだ?って厚さ。

1年前

15fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c4a0937ba f0b0 4faa 9f42 b5e9d7cafeddA2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e