51s3e4myzjl

魔法が本当に存在する国インガリーで、三人姉妹の長女に生まれたソフィー。「長女は何をやってもうまくいかない」という昔話のパターンが実現したかのように、ある日... 続き

コメント

とても面白かった。
ジブリアニメの方とは少し違うが、最高のファンタジーだ。それぞれのキャラクターに人間らしさが感じられた。

その他のコメント

何度読んでもおもしろい。
ソフィーやハウルに会いたくなって読み返してしまいます。

アニメ版ハウルの動く城を見て読んだから、割と違う感があったけど、これはこれで面白い

読者

2af949e2 ba82 4727 ac32 bf9af12ccb90Icon user placeholderF04e0819 37bf 4cb7 85d9 78d21c3e9ad0C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3b02d6e0ef 65df 477c a52b f31566e777fd83c3a98a df1a 4331 bb3e 828d8ec19dbc5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd72313079 f1e3 4b3b 8784 d0670803ba7b 18人

ダイアナ・ウィン ジョーンズの本

魔法?魔法!: ダイアナ・ウィン・ジョーンズ短編集

魔法?魔法!: ダイアナ・ウィン・ジョーンズ短編集

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジー好きな、雑食読みの積…

ダイアナ・ウィン・ジョーンズの短編集。一つ一つ趣の違う物語を詰め込んだ、ファンにとっては宝箱のような一冊。 『コーヒーと宇宙船』はダイアナのSFを読んだことがなかったから面白かったし、女権社会の発想も面白いと思った。 『ちびネコ姫トゥーランドット』の小生意気さもたまらなかったけど、一番のお気に入りは『お日様に恋した娘』。何かの寓話のような、神話のようなシーンが魅力的。

約3年前

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184Cc2bdcab e710 4c03 8ba2 2c0be372d180
賢女ひきいる魔法の旅は

賢女ひきいる魔法の旅は

04b461bf c974 419c ab7e ea9a9c54ecd9

kotatsu

隠居目前。のんびり暮らしてます。

大魔法使いクレストマンシーのシリーズ、ハウル、ダークホルムも、ダイアナ・ウィン・ジョーンズの本をどれだけ楽しんだだろう。 最後の本は妹さんが書き継いでいるけれど大切に読みたい。

3年前

9fe8e8e1 8d7c 4371 b80a 1b563b3dd7cb6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373396d3aa938 9986 47ac 88b1 bde5a586081e
九年目の魔法

九年目の魔法

546c58ba 9fee 4000 a0a5 447c7d9b7974

偏愛読書上等

『手放せるほど人を愛するということは、いつまでも手放したままにしておくこと。そうでなければ、それほど愛してはいないのだ。』

4年前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd4ca4ec68 d5a1 41f9 b014 2153953b800909c4c204 f132 4f6d a812 56e69f1488e2