51vsvuuhail

会社員の安藤は弟の潤也と二人で暮らしていた。自分が念じれば、それを相手が必ず口に出すことに偶然気がついた安藤は、その能力を携えて、一人の男に近づいていった... 続き

コメント

憲法9条の改正に乗り出す若き総理犬養。奇しくも今、平和安全法制が閣議決定された。

傍観者になりきれない主人公と取り巻く環境はきっと今後の生きるヒントになる

「流されるな、まどわされるな」と言われているようなお話。

今までの伊坂さんの本と違って、想像する部分が多いなぁって、思いました。

全体的に薄気味の悪さのある小説。
10年以上前の作品だが、アメリカに対してヘイトが溜まっていき、根拠のない噂が更に憎しみを呼ぶ構図は、今日の日韓関係に重なると思った。ネットがより普及し、フェイクニュースが蔓延する今こそ、流されずに自分自信でよく考える必要がある。

紙を25回畳めば富士山の高さになるように、競馬の単勝を勝ち続ければ百円が一億円になるように、小さなきっかけを重ねれば、大きな流れになる。良くも、悪くも。

安藤兄は鳥になって腹話術を続けているのか?
マスターの正体は?
お金の使い道は?
犬養政権の世の中はどうなっていくのか?
読了後もいろいろ気になることが多い。
数年前に読んだ、モダン・タイムスを読み返してみよう。
-----

「スカートがめくれてるのを直してあげたいと思える人間でいたい」
「でたらめでもいいから、自分の考えを信じて、対決していけば、そうすりゃ世界が変わる」
「考えろ、マグガイバー」

自分はどの立場にいるのだろう、と怖くなった。授業や日本文化やいろいろなものに洗脳されているのだろう。そこから抜け出す必要があるのかないのか。でも、自分の考えをきちんと持ちたい。

「死んでるみたいに生きていたくない」
「クラレッタのスカートを直しに行く」
安藤は人生におけるバイブル

生きることは考えることなのかなぁ、とぼんやり考えてみる。
とにかくモダンタイムスも早く読まねば落ち着かない。

おもしろかった。「グラスホッパー」よりこっちを映像化すればよかったのに、って無理な話か。。。

あまりに現在にマッチしていて、ちょっと怖くなった。
この本も、現実も覚悟を問われている。

『偉そうに座ってんじゃねぇぞ。てめぇは王様かっつうの。ばーか。』印象的です。
魔王はシリアスで面白いし
呼吸は少しゆったりで
また別の面白さでした。

前半パートと後半パートでそれぞれ学ぶことが多かった印象。
周りに流されることなく自分の頭でしっかりと考えて生きる。
周りに逆らえなかったとしてもその中でできることをちゃんと行う。
どちらの生き方も憧れる。
「生きていると、こういうこともありますね。」

犬養という政治家に世論が傾きつつある中、一介の会社員の安藤に、「自分の思念を他人に喋らせる」という不思議な力が宿る、という話。
流されやすい大衆心理の怖さと、強い意志を持ってそれに抗うことの大切さがテーマ。それなりに楽しく読み進められたが、で、どうなったの?と続きが気になる終わり方で、どうも釈然としなかった。
ただ、主人公が度々使う、「考えろ考えろ、マクガイバー」という台詞はちょっと病みつきになりそう。

難しいけど伊坂幸太郎はうまいと思う

"大衆が動く時とは、全員が示し合わせるものではないはずだ。それぞれがそれぞれの判断で足を踏み出したら、それがたまたま大きな動きとなった。そういう具合ではないのか。有能な扇動者とは、その、本人たちも気づかないような流れを、潮を、世の中の雰囲気を作り出すのが巧みな者のことを言うのではないか。"
伊坂さんに惚れ込んだ1冊。"大衆が動く時"や"喫茶店の隣の席のよぼよぼの爺さん"を考察して物語に仕上げることができる人を他に知らない。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholder0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a8878da00 00f9 4f14 aaec eca7195cf3169798d775 6065 4e07 82ee ee93d4dd6e3f4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43Icon user placeholderAbe50a7a 80de 4710 9851 43d79de020fc 109人

伊坂幸太郎の本

シーソーモンスター

シーソーモンスター

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

どうしても、互いに憎みあわずにはいられない。 遺伝子レベルで刷り込まれているような『天敵』がいるとしたら、私達はどうするべきなのだろう。 バブル期と、2050年代の近未来。二つの時代を舞台に、「嫁と姑」「追う者と追われる者」の、憎み合う2組の軌跡を描いたエンタメ小説。 誰でも苦手な人というのはいるだろうが、彼らとどう関わるべきなのか、悩ましいテーマだ。 しかし、残念ながらこの作品には一つの問題点がある。 作中、話の本筋に関わらない、意図不明とすら思われるような描写がちらほらあり疑問に感じていた所、この作品は計8組の作家で作られた「螺旋プロジェクト」というものの一作であると、巻末に書かれていた。互いの作品へのリンク・関連がある、一つの作品群であるとのこと。 つまり、おそらく、同プロジェクトの他作品を読んで初めて意味が分かる要素もあるという事、らしい。 企画とはいえ、一冊で物語の世界が完成しないというのは、作品の完成度としてはどうかと思う。他の作品との統合性や同一要素の導入などをすると創作に制約があったとも思うし。 これを機に他のプロジェクト作品を読むべきかもしれないが、作者が80%の力しか出せなかった作品を8つ読むよりは、100%の作品を1つ読む方が良かった。残念。

1日前

8f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa85573C930392e 6fb2 4fc8 ac04 049a9ab566d933ba1798 0d39 4d3c b425 484e39459b9f 23
フーガはユーガ

フーガはユーガ

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176

三才

メールを送るのが仕事です。

読み進めると、ああこの人はこういう話を描くんだった、とどんどん読むスピードは加速し物語に引き込まれる。乾いた暴力と後半の畳み掛ける展開、読ませる力すごい。 あとこの表紙がすごく好き。

4か月前

Fe5f8d4d 4567 4113 9857 5dd6ba76a8b5253143cf 34a1 4879 856d 81378d299d2dIcon user placeholder 167