51vsvuuhail

会社員の安藤は弟の潤也と二人で暮らしていた。自分が念じれば、それを相手が必ず口に出すことに偶然気がついた安藤は、その能力を携えて、一人の男に近づいていった... 続き

コメント

全体的に薄気味の悪さのある小説。
10年以上前の作品だが、アメリカに対してヘイトが溜まっていき、根拠のない噂が更に憎しみを呼ぶ構図は、今日の日韓関係に重なると思った。ネットがより普及し、フェイクニュースが蔓延する今こそ、流されずに自分自信でよく考える必要がある。

紙を25回畳めば富士山の高さになるように、競馬の単勝を勝ち続ければ百円が一億円になるように、小さなきっかけを重ねれば、大きな流れになる。良くも、悪くも。

安藤兄は鳥になって腹話術を続けているのか?
マスターの正体は?
お金の使い道は?
犬養政権の世の中はどうなっていくのか?
読了後もいろいろ気になることが多い。
数年前に読んだ、モダン・タイムスを読み返してみよう。
-----

「スカートがめくれてるのを直してあげたいと思える人間でいたい」
「でたらめでもいいから、自分の考えを信じて、対決していけば、そうすりゃ世界が変わる」
「考えろ、マグガイバー」

その他のコメント

憲法9条の改正に乗り出す若き総理犬養。奇しくも今、平和安全法制が閣議決定された。

傍観者になりきれない主人公と取り巻く環境はきっと今後の生きるヒントになる

「流されるな、まどわされるな」と言われているようなお話。

今までの伊坂さんの本と違って、想像する部分が多いなぁって、思いました。

読者

E9c79181 8ae5 4679 956a d5eb0a2572f208e28c20 6b2b 418b be61 cedca12c56222ba97c11 fcd4 41af 914f 50868d477a2036149bf4 1122 4a37 8522 fdd219fa50fd5d2d080f 5dc7 475d b52f cc8c96194d77215776dd fa33 4017 b3b6 5c2e003eac03454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90D49d9771 0f8e 4a40 b937 1488eac5a21d 94人

伊坂幸太郎の本

首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

最後に向かって、 バラバラだったものが収束するような物語ではないけれど、 1つ1つがしっかりおもしろい連作短編集でした。 途中、あまりのストーリーの完成度に脳みそがじんわぁ〜ってなりました。 めっちゃいい映画観たときみたいな。 無理矢理というか、 こじつけというか、 一見そんな風にも見えるんだけど、 全然そう感じさせないのが伊坂さんの文章力。 登場人物たちのセリフの書き方が映像的でいいなぁ。 「時空のねじれって、あると思うか?」

28日前

515dcb8d e1c4 473b 8bf8 39a13de6d5492263f4a2 791b 4ffe b8fe 94d359b929a9014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 17
陽気なギャングは三つ数えろ

陽気なギャングは三つ数えろ

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2018/09/20 読了 ふと立ち寄った書店で発見。シリーズ化してるのかと思いきや、9年ぶりだとか。伏線&回収は健在。思わず、「そっちか〜」とつぶやいてしまった。久遠と対等に話が出来る人物の出現に驚いた。

約2か月前

70dfd73c e07c 4c21 ae6c bfb5507564399e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b7594530659511d 82e8 4f56 acd4 ef5ec623367f 17