Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51bvbxk6x0l

読書は享楽、怠け者の怠け仕事。功利流からは渋面され、経世家からは軽蔑されても、好きに徹するのが一番最高。読書と銀座をこよなく愛した町っ子魯庵が語る明治・大... 続き

コメント

生後一ヶ月にして上野戦争の銃弾を浴びた魯庵にとって、銀座はモダーンな気になる街である反面、「薄つぺら」な街でもあったようです。読書とは最新の時代に触れるためのもの、古書を珍重するは死んだ読書と書く一方で、「古きを生命とする」集古会の面々と古書に耽溺しています。最新の街並みや書籍も楽しみつつ、その浅さも見通し、江戸文化との行き来を意識的にしているスタイルに共感を覚えます。せっかく本を読むのだから現代にも過去にもとどまりたくはないな。「東西愛書趣味の比較」は古今東西ペルシャにまで及ぶメディア史で圧巻。

読者

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

文学

ドリアン・グレイの肖像

ドリアン・グレイの肖像

Bd9b1b17 01a5 422a a632 0c8fd23f1cb2

muuuupi

Going for Ph.D

美しい、演劇的な文体。ある程度展開は予想がつくが、それ以上に文体の美しさ(美を語るに相応しい)とワイルドの教養をひけらかすような様が、作品内容とよく合うように感じた。

約2時間前

特捜部Q ―キジ殺し―

特捜部Q ―キジ殺し―

D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810

くろ

ミステリー小説、特に海外作品が好…

1作目の"檻の中の女"とはまた違った展開の仕方を見せます。 犯人は分かってるけど不可解な部分のピースが集められながら、登場人物たちが追い詰め追い詰められていく・・・という流れです。 カールの活躍はもとより、特捜部Qの助手アサド・新たに加わった事務員ローセとの掛け合いも面白いです。アサドの雰囲気に前作との違和感が感じられるのは訳者が違うせいでしょうか?

約15時間前

Icon user placeholderF278bd7d d688 4054 8301 14d6a8fe87d8
ヒトごろし

ヒトごろし

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

本の分厚さに、手が腱鞘炎になりそうだった。 過去最高じゃないかな? 「ヒトごろし」という言葉が何十回もしつこいほど登場する。 土方歳三は、「人を殺すのはどんな理由があったとしても許されない事」と言っている。だから、「人を殺したい」と思う自分の事を人外と呼んだ。 これは、まともな正論ではないのか? 戦争は「人を殺す」事を褒められる。こちらの方が異常なのではないのか。 其々の正論をぶち上げ、敵とみなし殺す。それが「正義」だと拍手喝采される幕末。そして死にたがる侍。 作者の声が土方の怒号となって聞こえて来る。 みんな馬鹿野郎だと。 人の心はオセロの石だ。だから、悩んだり迷ったり不安になったり自分を責めたりする。 土方歳三は、「ヒトを殺したい」自分も「ヒトを殺す」自分も反省したりしない。碁石の黒!潔し。

約17時間前

Cd24db8e e921 4c75 9519 dab3e0acc2435cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2