51bvbxk6x0l

発行元から

読書は享楽、怠け者の怠け仕事。功利流からは渋面され、経世家からは軽蔑されても、好きに徹するのが一番最高。読書と銀座をこよなく愛した町っ子魯庵が語る明治・大正の東京物語。

目次

モダーンを語る
銀座と築地の憶出
窓から眺める
銀座繁昌記
下谷広小路
東西愛書趣味の比較
出版上の道徳
新著を閑却するはホントウの読書家に非ず
万年筆の過去、現在及び未来
ヲーキング・ステッキ
煙本
喜劇標札蒐集
初めから珍本である雑誌
読書放浪
釈迦と基督とマルクス
上下思想とルパシカ思想

文学

などらきの首

などらきの首

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

比嘉姉妹シリーズの次女「比嘉美晴」謎の人物だったけれど、随分世の中斜めに見る女の子だったのだと認識。亡くなっていたよね? 琴子さんは相変わらず頼り甲斐があって。真琴さんは、相変わらず安定感がない。野崎さんの学生時代の話は(などらきの首)若い頃はこんな考え方していたのかと……。もっと昔の話を読みたい、祖父母の話は何かありそう。 このシリーズは、霊か超能力か妖怪か決めつけるのが間違っているんじゃないかと思わせられる奇怪現象にゾッとします。

約8時間前

少女たちは夜歩く

少女たちは夜歩く

328ed07f fd1e 4a0b b315 5abba972a31a

さゆりん

活字大好き

怖いのだけど どこか引き込まれずにいられない夜のお城と森イコール死者の住人たち 一人ずつライトアップされるかのように生き様が炙り出されていく不思議な魅力を持った小説

約14時間前

何様

何様

19044d62 6fd6 4172 b936 f96acc1a498a

九重篠

腐っている成人済みオタク

割と性的な描写が多かった。 高校生や大学生はそういうお年頃だから、仕方ないかもしれないけど…。 前作の内容や登場人物は間が空いたから忘れてしまったけど、微妙な人間関係の書き方は良かった。 特に、女の子同士の空気の感じはわかりやすかった。 就活に直接関係する話は多くなかった気がする。

約19時間前

10e575ef 4f54 4adf 898a 5e538ac990adD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd297f851b91 0494 4cce 91ce 3b83cfcbb91f 39