51bvbxk6x0l

読書は享楽、怠け者の怠け仕事。功利流からは渋面され、経世家からは軽蔑されても、好きに徹するのが一番最高。読書と銀座をこよなく愛した町っ子魯庵が語る明治・大... 続き

コメント

生後一ヶ月にして上野戦争の銃弾を浴びた魯庵にとって、銀座はモダーンな気になる街である反面、「薄つぺら」な街でもあったようです。読書とは最新の時代に触れるためのもの、古書を珍重するは死んだ読書と書く一方で、「古きを生命とする」集古会の面々と古書に耽溺しています。最新の街並みや書籍も楽しみつつ、その浅さも見通し、江戸文化との行き来を意識的にしているスタイルに共感を覚えます。せっかく本を読むのだから現代にも過去にもとどまりたくはないな。「東西愛書趣味の比較」は古今東西ペルシャにまで及ぶメディア史で圧巻。

読者

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

文学

死神の浮力

死神の浮力

Dc47a3f7 801d 48b2 b661 c6654d54393b

Joe

Joe

僕の想像の仲では、 山野辺…滝藤賢一 美樹…大塚寧々 千葉…福山雅治 本城…木村拓哉 でした。 難しい描写がなく、淡々と読み進められる本でした。 淡々と読み進められる分、盛り上がりにも欠ける感じがして、残念だった。 千葉が山野辺の復讐に力を貸す理由が、仕事だかやら、以上の何かがあればよかった。

1日前

677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa297a1221 eed7 4be4 a5ca 490d8531caa1 51
きのうの影踏み

きのうの影踏み

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

まったくのノンフィクションじゃない怪談。 暖かい話もあり。都市伝説のような話もあり。 色んな不思議を盛り込んだ短編集です。 段落の切り方が変わっていて、口伝ての感じなのでしょうか。話を聞いている、たしかにそんな気がしました。

1日前

Icon user placeholderB0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a58f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa 9