41x8nvvvail

小説名人による名作中の名作ついに文庫化! 夢枕獏さん、京極夏彦さん、奥泉光さん、筒井康隆さんら選考委員から圧倒的な評価を受けた、第6回山田風太郎賞受... 続き

コメント

不思議な書き方だなーと思った。
時系列もそうだけど思ってもない方向に物語が膨らむ。それらが上巻の最後の方であーなるほど!とぴたりとハマる時がある。それから今まで読んだ所を読み返してみたり。
続きが気になるので下巻も楽しみ。

その他のコメント

先が気になるのにはぐらかせ、はぐらかせ、読者の気持ちをわかっていてうまく翻弄させるような、手のひらで転がされてるような気持ちになります。続きが気になる。

読者

5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd168d3de15f f544 43c0 b58e a05495a144a897a324dc 0c61 4901 b94b c33e24c3f3512e93f14f 5e55 42e7 87aa 5cc2e4ca66b9Icon user placeholder5a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d2Icon user placeholderBbe7ac86 1927 4179 96ce a5abeeefd167 28人

佐藤正午の本

月の満ち欠け

月の満ち欠け

9bba20e9 4127 422a 8876 1e23386ff4e8

田原

小説は舞城王太郎、道尾秀介、朝井…

イッキ読み。相変わらず読ませる。不気味、謎からの安堵。 あらすじもなにも知らなくてよかった。

11か月前

A04651c6 77a4 4f29 beaa 4f99afde3b84Daa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba659A84a3e34 edb5 4a44 b161 0741247b3409 55
5

5

41cee60a 705b 46c0 881d 9e5f7ef22b71

てつ

インドア派

また、なんかつい読んでしまう。

1年前

A04651c6 77a4 4f29 beaa 4f99afde3b842e93f14f 5e55 42e7 87aa 5cc2e4ca66b9