51w4hhsiiil

発行元から

トリドリな物語。旨さあふれる「鶏」小説を召し上がれ。
「トリとチキン」…似てるけど似てない俺たち。思春期のゆらぎと成長を描く/あげチキ
「地鶏のひよこ」…地方出身の父親と、都会生まれの息子/地鶏の炭火焼
「丸ごとコンビニエント」…コンビニバイトの僕が遭遇したクリスマスの惨劇とは/ローストチキン
「羽のある肉」…高校受験を控えた夏。彼女と二人で出かける/鶏手羽の照り煮
「とべ エンド」…死にたがりだった漫画家。そのエピソードゼロとは/鶏ハム

坂木司の本

ワーキング・ホリデー

ワーキング・ホリデー

D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29

田中 七緒

言葉が好きです。

好きな本です。 初めて、何回も読みたいと思いました。 親と子、また、子と親の繋がりは心をあたたかくしてくれます。 ストレートな感情と誰も傷つけないストーリーに完敗です。 ★★★★★

3か月前

Icon user placeholder80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4
肉小説集

肉小説集

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

知らない作家だったけどタイトルだけで手に取ってみた。勝手なイメージで料理を主眼に置いた作品集なのかと思っていたのだけど料理はあくまで脇役。なんとなく肉料理も出てくるドラマというかそういう感じ。ラジオでドラマじたてのCMがあったりするけどそういう印象を受けた。達者な作家とは思うけどどちらかというとシナリオライター的な。面白くはあったので待合室とかにあるといいかもしれないと思いました。

5か月前

僕と先生

僕と先生

19417329 4e84 446d b72e 809e2c04caae

キトキ

おもしろければ、ジャンル問わず、…

怖がりな大学生「僕」こと二葉と、アイドルばりのルックスをもつ中学生探偵「隼人くん」が、日常の謎を解決していく『先生と僕』の続編。 今回は、社会の不条理や多面性みたいなものを知って、二葉が戸惑うようすが多く描かれていたように思います。 二葉がもっている若者独特の潔癖さと、でも世の中それだけじゃないっていう気づきは、自分にも身に覚えがあるので、なつかしいなーって思いながら読みました。二葉と同じ大学生くらいの子たちにオススメしたいかも。 隼人くんが大人たちから情報を引き出したり、思い通りに動かすために、かわいくふるまっている時は、ついコナンくんの声で読んでしまいます笑 そして、本に挟んである「15周年おめでとう」小冊子に並んだ、各出版社の担当編集者からのメッセージ!刊行予定も出版社関係なく並んでいて、みんなで坂木作品を推していこうってきもちが感じられて、坂木先生というのは編集さんに愛されている作家さんなんだなあ、と思いました。

11か月前

Icon user placeholderE9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5e889d1290 45bf 4066 b0cf aac8b717b22e
ホリデー・イン

ホリデー・イン

3e223e12 b768 4f8d 9a12 56e647614378

REO

趣味:読書、カメラ

シリーズを順に読んだが、サイドストーリーは続けて読むのがオススメ。 この筆者の本を他にも読んでみたいと思う。

11か月前

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aD72a3222 91f0 40ad b34d 2642e29c3ad7Icon user placeholder 16