51rtbgn4x l

謎の病で全滅した岩塩鉱を訪れた若き天才医術師ホッサル。遺体の状況から、二百五十年前に自らの故国を滅ぼした伝説の疫病“黒狼熱”であることに気づく。征服民には... 続き

コメント

読者

Ae28d1b1 248e 46a2 aeff 91043bdd025e4dc45e58 ea2b 4509 8f80 51dbfe67f5e9Bda1741c f392 4bc0 8d28 e1e8336ba5d380d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aE7b9de0d ece4 4b32 8c63 bef0ed941a9c92c69765 4332 4e2a a0cc 1162fd661b14C183958e 6d67 4025 a791 a3b8b6488135Cc3fc40b 6b02 434d bae4 958cccb61860 20人

上橋菜穂子の本

軽装版 風と行く者

軽装版 風と行く者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

タルシュ帝国との戦の後の話が読めるなんて。片腕を失ったタンダと寄り添うバルサを見てるだけで嬉しい。 若いバルサとジグロの戦いの場面は、激しくリアルだ。過去と現在を行き来しながら話しは進んで行くが、年を経たバルサの思いは胸にしみる。

6か月前

15fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c3e0413e5 e41d 4763 94d7 e35792a95eb0Icon user placeholder