Btn appstore Btn googleplay
51xktt9dubl

慶応四年三月。鳥羽・伏見の戦いに勝利した官軍は、徳川追討令を受け、江戸に迫りつつあった。軍事取扱の勝海舟は徳川家を守るべく、決死の策を練る。官軍を率いる西... 続き

コメント

20181221
週刊文春20181227

勝海舟と西郷隆盛=麒麟児、というとこだろうか。
勝海舟が語り手である。クドクドと歴史を説明しているところが無くて、読みやすかった。
勝海舟が心の声を解読しているので、臨場感溢れる江戸城無血開城の談合場面になっていると思う。
ある時代の歴史を動かしていたツートップの絆の強さを感じる。西郷隆盛があまり出てこないのも、またいい感じです。

読者

84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a96901525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4Icon user placeholder0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468eeF4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c 5人

冲方丁の本

決戦!関ヶ原

決戦!関ヶ原

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/05/31 読了 『歴史・時代小説縦横無尽の読みくらべガイド』からの選書。関ヶ原の色々な切り口が面白い。お気に入りは木下昌輝の「怪僧恵瓊」。対する葉室麟の「孤狼なり」が三成側の解釈。映画「関ヶ原」のシーンが頭の中を駆け巡った。

約1年前

ゼロ年代SF傑作選

ゼロ年代SF傑作選

57502aec 51d1 4445 930d 2d531c42e058

T2

ビジネス書、SF、愛娘と共に楽し…

☆5つ。 「おれはミサイル」が読めればそれだけで五つ星。

1年前