51n4jy42kml

三月以外の転入生は破滅をもたらすといわれる全寮制の学園。二月最後の日に来た理瀬の心は揺らめく。閉ざされたコンサート会場や湿原から失踪した生徒たち。生徒を集... 続き

コメント

三月以外の転入生は破滅する…疾走や消えてゆく本。死亡フラグぷんぷん出しやがる己。経歴が怪しいキャバ嬢らのような人間関係「三月の国」で行われる物語。ハリーポッター好きな人にはオススメの本。

主人公らの境遇は複雑で、特別な学園に通っている。
私と全く違う世界が、昔は羨ましかった。
だから、作中で理瀬たちが手にする『三月は…』を自分も読むことで、その世界に関われた気がしていました。

あたしは緩慢に壊れていく。誰にも気付かれず、おとぎ話のような遠い湿原の城の中で、ひとりきりでひっそりとねじがゆるむように壊れていくのだ。それでも風景はいつまでもこのままで変わらない。あたしの記憶も存在も、誰にも顧みられることなく朽ち果てていく。(308)

恩田陸さんはこんなにも人を不安に
させるのが上手なの?

とある転校生の話。
転校生とは余所者であり注目の的。

不安と美しさのお話でした。

これは、私が古い皮のトランクを取り戻すまでの物語である。伏線ありましたね、冒頭に。

理瀬シリーズで一番好き。
始まりのお話です。

三月シリーズ。
そう、私たちは皆、灰色の海にゆらゆらと漂っていた。不確かな未来と、信じることのできない自分という波のはざまに。

ゾクゾクする雰囲気の学園もの。謎がたくさんで何度も読み返しました。

大好き、子どものころのとっておきの一冊。

俗世間から遠く離れた学園。
様々な理由でそこに通っている生徒たち。
理瀬も、その1人だった。

次々と起こる怪事件。
迫る恐怖と、見え始める真実。
理瀬の正体とは..。

途中途中で使われている太字が読者の恐怖を煽ります。
ぐいぐいと否応なしに引き込まれる1冊。
現実から離れてみたい方におすすめします。

赤い本探し
青いブローチ

読者

Icon user placeholder86ccdbe1 12c3 41df 95ed 4a91a4861f7cIcon user placeholder0a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a819177ecf 19bc 4185 86cd 540af8ce8cfc2d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d331149c0ee70 38c3 41be a15a bcf2aa76a724D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0 46人

恩田陸の本

中庭の出来事

中庭の出来事

06746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa6

crfrally

soccer:futsal:En…

ちょっと難しい。何がどこの話しなのか想像できなかった。もう一度読めばわかりそうだがそれは苦痛。

約2か月前

Icon user placeholder642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241
象と耳鳴り―推理小説

象と耳鳴り―推理小説

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

短編なので空き時間に読みやすい。久しぶりに推理小説を読んだ。推理小説は独特の物語構造があって脳トレになる。気分転換におススメの一冊。

6か月前

2046c5c2 2ae9 427e 9fb0 6880f5d3254249c0ee70 38c3 41be a15a bcf2aa76a724D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86