51baxqjoiyl

若槻慎二は、生命保険会社の京都支社で保険金の支払い査定に忙殺されていた。ある日、顧客の家に呼び出され、期せずして子供の首吊り死体の第一発見者になってしまう... 続き

コメント

「人の命」と「金」。生命保険という制度が、人間の狂気と組み合わさってできた地獄絵図がここに。

悪霊も幽霊も怖いと思うけど、生きてる人間が一番怖い。
保険の仕事をしているので、他人事ではなくて、怖い。

映画版もなかなか怖かったけど、小説の方も緊張感のある物語で面白かった!

生命保険のお金を不正に受け取るために そこまでやるかと思うと お金の怖さを実感します

怒鳴るでもなく暴力を振るうでもなく 毎日淡々と いつお金が下りるかを確認に来る圧力は ジワジワと効いてきて それだけで人を殺せるんじゃないかと思います

これは怖いです。
さすがホラー大賞を獲っただけあります。
ミザリーを思い出しました(^_^;)

しっかりと取材してるなって感じる緻密さがあって、だから引き込まれたよ。主人公の軽率さにはイライラしたが、これも作者の思うツボか(笑)

この本は凄い!
最後のシーンは読みながら、つい顔がひきつり過ぎて電車内でドン引きされました。

まさに手に汗握る、人ってこえーと思わされました…

すごく久しぶりのホラー。終盤の怖さ、止められなかった。この本も面白かったー!

気持ち悪いし怖い。けど引き込まれて一気に読んでしまう。

まさに人間の、狂気。

発刊されてすぐ読んだと思う。すごく昔に読んだだけなのに、人間の狂気を肌で感じたのか、「怖かった」という記憶がなくならない。でもまた読みたいと思ってしまうんですよ、面白いから。

読者

C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac2a2522bd 6997 4a45 8128 0d34f37f8afbA621e03d 92a8 47fd a1ee 1402be506986Icon user placeholder03db1d33 cc40 4621 92ad b7dd196c52bbF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a5f3f7c7e 2655 4e02 bde0 3381d239c0ca 80人

貴志祐介の本

悪の教典〈上〉

悪の教典〈上〉

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

新世界よりが、とっても良かったので読んでみました。 なるほど、おもしろいかも。 下巻が楽しみです。

10か月前

16aa69cd 45b3 4ecf a830 5e4427419df8Icon user placeholderE2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec 60
鍵のかかった部屋

鍵のかかった部屋

5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f

ほんのむし

2018年12冊目。開けっ放しの扉とか、ガタついているドアとか、そういうの見ると、榎本さんに侵入されちゃいそう…。って思うようになりました。/ 201801

12か月前

6bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d063e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be3d93e260 4419 4886 aad9 fd3f5c86706b 11