51a8754m8hl

兄の部屋を偏執的にアサる弟と、罠を仕掛けて執拗に報復する兄。兄弟の果てしない憎しみは、どこから生まれ、どこまでエスカレートしていくのか?出口を失い暴走する... 続き

コメント

ハードサスペンス兄弟げんか小説。
とことん徹底した陰湿な争いの描写によってだんだん読むスピードを思わず速くさせる。
全然ハッピーエンディングではないのになぜか不思議に爽やかな読後感なのは何故?
自分にも登場人物と同じものが潜んでいるのか?
そう考えて初めてこの小説を怖く感じる。

読者

77e6c3b1 c70f 4af5 8c8f 91332496f56eE667813d e410 4ab0 ae64 2eb8a6cb28bf0ddefb70 4488 477d 9660 9258b21db9970b28d5ca 1fbf 4de9 a5e1 a2dcda9273d8Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8F28870cd 4153 4992 aa52 7fa62b92f9f4F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d286e0d9974 5a0a 42a2 8fa0 7e5042d7cf50 8人

羽田 圭介の本

走ル

走ル

4efef814 ad6a 46a5 84c0 6f7f2b6d1bb6

皐月

羽田圭介氏の作品を最近読むように…

簡単に言うと、主人公が自転車で東京から北へひたすら向かっていく話です。

2年前