51juglvqeol

コメント

スカッとした。グラスホッパー的クライム小説と重力ピエロのような家族小説が奇跡の融合、という感じ。これは伊坂氏にしか書けないわ。

凄腕の殺し屋「兜」は、恐妻家だった。家族を愛する兜は、殺し屋から足を洗いたいと思い始め、遂に覚悟を決める・・・という話。
一つ目のエピソードを読み終わったときは、正直それほどでもないなと。でもラストのエピソードを読み終えると、その評価は一変。
殺し屋の話だが、メインテーマは家族愛。特に最高なのが、ラスト数ページ。妻に対して怯えてばかりだと思ってた兜の心の奥底にある、感謝や愛情。それが明らかになって、心から感動。良い話だった。

表と裏。ギャップのある人間ってやっぱり魅力的

読者

7f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176fF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c7972e93f14f 5e55 42e7 87aa 5cc2e4ca66b9883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e0409322f9e151 9e48 475e 9cdf bf208c4feb8aE9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400907a996d 9c7a 4e8c ac62 77c43e4282178fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766de 34人

伊坂幸太郎の本

フーガはユーガ

フーガはユーガ

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176

三才

メールを送るのが仕事です。

読み進めると、ああこの人はこういう話を描くんだった、とどんどん読むスピードは加速し物語に引き込まれる。乾いた暴力と後半の畳み掛ける展開、読ませる力すごい。 あとこの表紙がすごく好き。

3か月前

0a669f78 a2bf 4298 9f0d 694fab3464d73ed9eefb d1b8 4b47 b34d 213a0340ad43Icon user placeholder 153
首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

最後に向かって、 バラバラだったものが収束するような物語ではないけれど、 1つ1つがしっかりおもしろい連作短編集でした。 途中、あまりのストーリーの完成度に脳みそがじんわぁ〜ってなりました。 めっちゃいい映画観たときみたいな。 無理矢理というか、 こじつけというか、 一見そんな風にも見えるんだけど、 全然そう感じさせないのが伊坂さんの文章力。 登場人物たちのセリフの書き方が映像的でいいなぁ。 「時空のねじれって、あると思うか?」

5か月前

174a14ff e2d6 49d5 844e c84dc2ef03575fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cb1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c2 22