Btn appstore Btn googleplay
51zrcqr26zl

ネクストブレイクはこの作家! 心揺さぶる恋を描く鮮烈なデビュー作。「俺いま、すごくやましい気持ち……」わたしが好きになったのは、背が高く喉仏の美しい桐原。... 続き

コメント

評判通り、テイストは「ふがいない〜」に似てる。自分も男女、家族、友人などに対して、様々な後悔を抱えている、だからこのテの話が好きなんだろう。ラストは“後悔”でもキレイで輝いてるやつで、こっちまで「じ〜ん」ときた。

その他のコメント

「今までの人生で後悔した事は何ですか?」という文章にわたしは答えが無かった。でも、読み終えてタイトル通りのことは多少あるなと感じた。

とてもよい本だった。

1ミリの後悔もない人生なんてないのかもしれない

読者

4916be49 74bf 4e25 9f77 54bb653d97dd3c54a823 0492 4b6f a0b2 8583d7d96333Icon user placeholderDc21208d 0f4c 4c51 838b fd9dad4f5b4f3ad5edaf 2c78 40ec bb27 c54fdb4821a06075e469 a80d 4959 ab1d 69303252905b38c9de35 09c2 4aa8 9670 349b0a8708c2A4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b2 49人

文芸

線は、僕を描く

線は、僕を描く

95c5dc1d 78cd 4615 9fe6 73155bd1343a

pon

蜜蜂と遠雷が音楽界の話だとすれば、こちらは美術界の話。墨絵界の第一人者に見いだされた主人公が、墨絵を通して自分と向き合いながら、人生を歩み始める、、。定石通りのストーリーだが、まるで自分も同じ学生仲間であるかのように感じ、一緒にキャンパスを歩いているように感じる。ラストがコンパクトにもとまってしまったように感じた。もう少しページがあれば、もっと踏み込めたのか?

約4時間前

Ef861b1a a3b8 4ad3 9303 1426eb76443dF6a755a4 a5e5 4336 a980 265e3b57990aD7991cd9 530f 4ed5 9bd2 32421df157fe 20
洟をたらした神

洟をたらした神

Urv34hpr normal

ちのこ

本全般的に好き

生きていく話し。生きて、繁殖する、人間も動物の中の一種なんだ。リアルな生き物としての人間。

1日前

飛ぶ教室

飛ぶ教室

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書/漫画 コ…

0185 2020/02/20読了 最初の前書きが全く分からず不安だったが、本編が始まると面白かった。喧嘩の原因がよくわからなかったけど…。 生徒たちの関係も好きだけど、道理さんと禁煙さんの関係が好き。 装画のWalter Trierのイラストが気に入った。かわいい。他のエーリヒ・ケストナー作品の絵も描いているようなので、他の作品も読みたい。

1日前

A3c8a54e 1527 4f28 bae8 0862ce7dc35b7efa1cc5 a32a 4abe b0e9 50492acb8ee23097db1a b12b 4f5f 9ef0 21799ca65b21 10