51zrcqr26zl

ネクストブレイクはこの作家! 心揺さぶる恋を描く鮮烈なデビュー作。「俺いま、すごくやましい気持ち……」わたしが好きになったのは、背が高く喉仏の美しい桐原。... 続き

コメント

評判通り、テイストは「ふがいない〜」に似てる。自分も男女、家族、友人などに対して、様々な後悔を抱えている、だからこのテの話が好きなんだろう。ラストは“後悔”でもキレイで輝いてるやつで、こっちまで「じ〜ん」ときた。

その他のコメント

「今までの人生で後悔した事は何ですか?」という文章にわたしは答えが無かった。でも、読み終えてタイトル通りのことは多少あるなと感じた。

とてもよい本だった。

1ミリの後悔もない人生なんてないのかもしれない

読者

3ad5edaf 2c78 40ec bb27 c54fdb4821a06075e469 a80d 4959 ab1d 69303252905bEb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d6638c9de35 09c2 4aa8 9670 349b0a8708c2A4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b2830a1e83 fe00 4e9b a2f0 13f13a88def0Icon user placeholderB1596a4d b2a1 4596 9123 04e6d43ff721 49人

文芸

下北沢インディーズ

下北沢インディーズ

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

5話からなる連作短編集 音楽雑誌の会社に勤めている主人公の音無多摩子 将来有望なインディーズバンドを発掘して コラムを書くという仕事を編集長から言い渡されて 下北沢にあるライブハウス「レジェンド」に通うこととなる そこのマスターの五味淵龍仁に助けられながら 毎回起こる事件の謎を解明するという話 冴えないおっさんの五味淵さんなのに 鋭いったらありゃしない 有望なバンドを見抜く耳も持っているのに 何故自分のことはわからないのか・・・謎です

1日前