Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51zfk3  oul

米の新鋭による「遊歩(フラヌール)」小説  ハリケーンの上陸が迫るニューヨーク、ブルックリン。詩人である語り手の〝僕〟は前年に発表した処女小説で思いもよら... 続き

コメント

素晴らしい!ポール・オースター好きの方にもオススメ!かな?(^^;

その他のコメント

こういうの遊歩小説っていうらしい。ゼーバルトのような、ってあってそれはいい感じかも、と思って手に取ってみました。ちなみにタイトルは「じゅうじよんぷん」って読むらしい。意識高い感じするよね(笑)
遊歩小説たるゆえんはさしたる事件が起こらない日常を淡々と書いてるってことらしくて確かにさしたる事件は起こらない。でもその分、主人公は詩人で注目されていて次の作品に六桁のオファーがある身分。親友の女性からは貴方とはセックスしたくはないけど精子は提供してほしいとか言われてたりする。つまり普通ではない生活してるわけでそれは事件が無くてもそれなりに面白いお話にはなるな、と。淡々としててちょっと退屈かも?と思ったりもしたけどまた読みたくなるって感じの不思議な魅力がある作品でした。作者は主人公と同じく気鋭の詩人だそう。関係無いけど詩って面白く無いなと思ってたんだが、読むものでは無く聴くものだな、と思ったら見方が変わったな。この作品は来月とかに再読するかも。

読者

D0397335 1ef4 4b9b 829b cf9510e0785bE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7fE5cc0169 6616 4783 aa92 f5c1da5d3a1c7455888e d3d0 45b3 b8b8 3cf7b34fe15808634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c3cddf9cc 501f 463b 92f9 77c1ed45a3107f2fef6c 38d4 4bdf bd91 9842eaa0e6f0A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57 11人

文芸

国盗り物語織田信長

国盗り物語織田信長

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

2017-11-22 織田信長編というよりも、明智光秀編の方がスッキリする。 道三の後継者たる信長と明智の物語であるが、さすがの司馬遼太郎も信長は描きずらいのかな?

約12時間前

11afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c854032D0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179f