51bgzshbvhl

●AIにポジションを取られる前に。動くのは、今だ AI(人工知能)、仮想通貨、lLIFESHIFT、ホワイトカラーの終焉……。 10年後どころから5年先... 続き

コメント

落合氏と堀江氏の共著というだけで欲しい気にもなるが、それはあくまで僕と同じような人だけなのだろう。笑

この本は、図鑑と銘打ってるものの図鑑的要素は多くない。が、少なくもないので、解説の長い図鑑と思って貰えば良いだろう。

数年以内に消える職業と、数年後もある職業、そして新しく出る仕事をここまで明言した著書はこの「10年後の仕事図鑑」くらいのものだろう。

それほどシンプルかつ具体的に説明されてあるのだ。

将来の職業選択について不安を持っている人や、逆に新たな世界の幕開けをわくわくと楽しみに待っている人間にもオススメできる著書である。

ぜひ、若者には自身の職業選択の糧としてほしい。

この人たちが描く未来と、現実とが乖離してて上手くついていけない感じはした。未来を語るのだから、現実見てたらよくわからないのは当たり前なのですが。

若者的にはインターネットの普及とか言われても、気づけばそこにあったという印象で。よく「かつて、誰がスマートフォンを持ち歩く未来を想像できただろうか??!!」って熱く語られるけど、スマートフォンを持ち歩く時代が来るって分かってたら、何か準備出来たんかな?そんなことなくね?いつ舵を切るかの違いで、そりゃ乗り遅れたらヤバイけど、別に波に乗れれば問題なしでは。

本にあるように、未来に想いを馳せるのは結構無駄かもなと思った。"今"を冷静に分析できてたら、伸びる分野、伸びない分野は何となく分かってくだろう。あと市場価値は本質的には"人としての魅力"なんだと思った。

大手だとか、所属集団がどうだとか、資格だとか、そういったことにこだわり過ぎず、自分の探究心を突き詰めていくのが大切なんだと感じた。この考え方だと、自分の不安よりむしろ周囲から心配を受けそうな気はするが、誰にも未来は分からないので、良いと思ったこと、信じたことを行動に移すしかないのだろう。

2度、3度読みたい一冊。

ヘルスケア産業の今後ってどうなるんだろう?という漠然とした疑問から手に取りました。
本屋さんがめちゃくちゃ推してるし(ミーハー)
まぁあとは、今をときめく二人が本を出しているので世の中の大半の人は気になりますよね。この本。

まだ途中までしか読んでませんが、ヘルスケア産業はうまくやれれば大丈夫ということと、主人の仕事はおそらくヤバイというのだけは理解しました笑

読者

C120e3f0 b04f 45da b43d 3c92fa4c4ae45e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d380b0fe38f 579a 4952 bd4f 5d5737d9c1ae50000362 fe6e 460b a08a e06ba07d19a496a8e0e1 9820 4301 bb8f b55f8113d71e1ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5fC6541c1a af4c 4abd a981 30e7891f96bdF418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037 122人

堀江貴文の本

バカとつき合うな

バカとつき合うな

F4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186

しろいはなび

【2017.05.01~から記録…

ネットニュースを度々騒がせている2人の共著。 実際、読んでみると、それほどおかしなことは言っていないので、イメージは変わった。 「行動しろ」ってことが言いたいのかな。

25日前

9f8dd4db 25c8 4b10 89ae 00e4c737ea1921ccd8a3 547e 41d5 8481 b9dd24b3d9be84894365 9625 46eb 850f 37b16a577526 27
英語の多動力

英語の多動力

E5c296b4 f477 4770 95b5 949b52a12076

Shuto Tanaka

現在の読書速度は約1500字/分…

いろいろ刺激を受ける。英語学習の根幹となるマインドセットとして非常に良いので教材より先にこっちを手に取ったら良いと思います。

3か月前

F957de8d 92e9 438e a680 efc2a186ffac415f1b25 5e84 4c1f b2b8 15e35255c246E1fbbdac b3c9 4e6a 9f42 ff2bbcb68876 13
マンガ版 堀江貴文の「新・資本論」

マンガ版 堀江貴文の「新・資本論」

5884a1dd efc1 455a 9a04 299806a4472b

masa

こんにちは!読書大好き人間のma…

ホリエモンが語るお金の本質。 本書は、再編集して新書化したもの。 印象的な3点紹介 1.お金の3大要素は「信用」「投資」「コミュニケーション」 例えば、無一文の時に助けてくれる人がいるように平素から信用を貯金すること。 2.貯金と借金 マイホームを建てることが当たり前に考えられているが、借金してまで買わなきゃいけないものなのか。また、貯金する事が本当に賢明なのか問題提起。 3.変化に対応する柔軟性と行動力 環境変化に対応するには状況に合わせ何かを「捨てる」こと。 現状に甘んじて何もしないか、変化を見添えてチャレンジするか自分で選択すること。 日本人はお金に対するスタンスや教育が脆弱と言わざるを得ない。 子供から大人まで知ってもらいたい一冊です。

3か月前

Icon user placeholderAe81a140 fa95 4336 aba5 cde241309298F754a4d5 4e23 419e b28c dc098972752c