51lt8pxt7ol

コメント

タイトルからして料理をめぐるライトな物語かと思って手にとってみた本作。
実はアルメニア人の大虐殺で家族と財産を全て無くした主人公、死んだほうがマシな目にあった後、やっと得た幸せな家庭もナチのせいでまた全て無くして、というかなり重たい話。
これが面白くないかというとページターナーというか次が気になっていっきに読んでしまう感じ。
過酷な運命にさらされ数奇な運命を辿る主人公だけど、決して陰鬱にならずあけすけに性についても語ったりする。受けた傷にはきちっと落とし前をつける感じがいいのかな。
巻末にはレシピと人類の罪に関する書誌が付いてる、そういう作品。いい意味で予想を裏切られて面白かった。

20世紀に起きた色々な大量虐殺事件で次々と家族を奪われ、だけど復讐すべきろくでなしにはきっちり落とし前をつけて生きてきた、かつてのとびきりの美女で、腕の立つ料理人でもある、ただ今105歳のおばあさんの一代記。「フォレスト・ガンプ/殺戮の20世紀編」みたいな感じ(なんだそれ)。

読者

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a79b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935dB30ed6db d9e4 45a3 a5a5 03505f2b2f44314dff71 eaf5 42ce bd43 bab0471cad01Icon user placeholder08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 6人

文芸

ピノッキオの冒険

ピノッキオの冒険

4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43

Y.usu.K

本が好きです。

誰かが手紙を入れたビンを大海原に放つ。世界のどこかで拾われたその手紙が読まれる。素敵な本に出会うとそんなイメージが広がる。宛名のない、世界に宛てた手紙。 19世紀イタリアは政治的統一の遅れから、列強諸国に翻弄され貧しさに喘いでいた。 カルロ・コッローディも貧しい家庭に生まれ苦しい幼年時代を過ごした。そんな中、神学、哲学、修辞学を学び、書店での仕事を通して知識人、文学者、ジャーナリストと出会い、文学と政治への関心を深めていく。 フランスの有名な童話を翻訳する仕事を経て、彼はそれまでの人生で学んだ様々なことを教科書として童話としてイタリアの子どもに残す。 1881年7月から「子ども新聞」で連載が始まった「あやつり人形の話」(後の「ピノッキオの冒険」)は子ども達から熱烈に受け入れられた。 この物語は二度の大戦など様々な荒波を乗り越えて今に残る。 「ピノッキオの冒険」ではピノッキオは学校をサボって人形芝居を観に行き咎められる?芝居は子どもを誘惑する悪いものときえ描かれた。 21世紀の子どもと親たちはこの作品をどう読むか?

約8時間前

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca32c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f66931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a
ムーンライト・シャドウ

ムーンライト・シャドウ

4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43

Y.usu.K

本が好きです。

喪失と再生の物語。何かを失った時人はバランスを取ろうとする。他人から見ると奇矯に思えるようなことでもそこには必ず意味がある。 人と人が関係を紡ぐには、知り合い別れていく時間が必要なのだ。月の光の外にまつろう影のような別れの時間をも。

約16時間前

僕とツンデレとハイデガー ヴェルシオン・アドレサンス

僕とツンデレとハイデガー ヴェルシオン・アドレサンス

08501375 464b 47c9 88b3 a9e0ed2e7343

ぐーるど

定年過ぎても勤めから解放されない…

最近、哲学を分かりやすく馴染みやすくしようといろんなコンセプトの本が出ている。シュレディンガーの猫が我が輩は猫よろしく語ったり、ビジネスとリンクさせたり、で、こちらはツンデレだ。ツンデレって何だ?結局、デカルト、スピノザ、カント、ヘーゲル、ニーチェを解釈しているのはおんなじだ。ただし、この本、縞模様を見せてお尻を突き出す、女の子のアニメみたいな絵が、スピノザの章の扉になってたりするんだよね。

約19時間前