51lt8pxt7ol

コメント

タイトルからして料理をめぐるライトな物語かと思って手にとってみた本作。
実はアルメニア人の大虐殺で家族と財産を全て無くした主人公、死んだほうがマシな目にあった後、やっと得た幸せな家庭もナチのせいでまた全て無くして、というかなり重たい話。
これが面白くないかというとページターナーというか次が気になっていっきに読んでしまう感じ。
過酷な運命にさらされ数奇な運命を辿る主人公だけど、決して陰鬱にならずあけすけに性についても語ったりする。受けた傷にはきちっと落とし前をつける感じがいいのかな。
巻末にはレシピと人類の罪に関する書誌が付いてる、そういう作品。いい意味で予想を裏切られて面白かった。

20世紀に起きた色々な大量虐殺事件で次々と家族を奪われ、だけど復讐すべきろくでなしにはきっちり落とし前をつけて生きてきた、かつてのとびきりの美女で、腕の立つ料理人でもある、ただ今105歳のおばあさんの一代記。「フォレスト・ガンプ/殺戮の20世紀編」みたいな感じ(なんだそれ)。

読者

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a79b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935dB30ed6db d9e4 45a3 a5a5 03505f2b2f44314dff71 eaf5 42ce bd43 bab0471cad01Icon user placeholder08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 6人

文芸

努力しないで作家になる方法

努力しないで作家になる方法

4d2e5b6f 0ce0 491b ba75 83f7e748d8e0

タオ

本は人生の道標

内容は、タイトルとは違って作家デビューまでの苦労を体験させてくれるような作品だった。 読み始めると、主人公の伊留香総一郎に深く感情移入してしまう。 めちゃ良い本だ!

約1時間前