514zwyvryzl

華文(中国語)ミステリーの到達点を示す記念碑的傑作が、ついに日本上陸!現在(2013年)から1967年へ、1人の名刑事の警察人生を遡りながら、香港社会の変... 続き

コメント

香港のミステリ。タイトルは2013年と1967年を意味しており1人の刑事を主人公とした中編が六篇、時代を遡る形で並べられている。いずれも香港にとって重要な年を舞台に書いている、とのことだったのでなんとなく政治色の強い作品なのかと思って読み始めたのだが、いい意味で先入観が裏切られた。「天眼」とも称される天才的な刑事が時に際どい手を使いながらも難事件を解決する本格的な推理小説で文字通り読みだしたらやめられない面白さが詰まっている。いくらなんでもこれはちょっとやり過ぎでは…という箇所も散見されるもののフィクションだし娯楽と割り切れば楽しめる。もちろんちょっとした描写で変わりゆく香港社会のこともきっちり描かれているが鼻につくほどではない。華文ミステリは初めてだったがクオリティも高く非常に面白かった。他の作品も読んでみたい。

香港警察きっての敏腕刑事クワンの刑事人生を追った華文ミステリ。タイトルの「13・67」とあるように2013年から1967年までの6つ事件を年代をさかのぼって書いている、つまり話が進むごとにイギリス統治下のグラデーションが色濃くなっているのが興味深い。
手に汗握る突入劇と驚くべき真相の「テミスの天秤」1989年、風景や派遣されたイギリス人家族が居住するマンションにYoutubeで見る色あせた過去の香港CMと重ね合わせてみる「借りた場所に」1977年、が印象に残る。
翻訳は「歩道橋の魔術師」「台湾海峡1949」の天野健太郎。
ウォン・カーウァイが映画権取得。

冒頭「警察の威信が損なわれた最大の原因は、警察の事件対応に「ダブルスタンダード」があったからにほかならない。警察には当然「政治的に中立」という原則があり、どんな場合においても公正な対応をしなければならないのだが、実際には政府に近い組織にはまるで目に見えぬ抑圧があるように、かつてのような効果的な捜査ができなくなっていた。市民の間からはこんな批判の声が挙がった-香港にのしかかる巨大権力はとっくに香港のフェアネスをむしり取ってしまった。警察はもはや政府の犬と堕ち、偏った法の執行者として官衙の悪事を見逃す、政治のためのサービス業に成り果てた・・・」2013年 P9
東アジア的権威主義は共通。

★★★★★ 2019.11.読了(Kindle)

とても良くできている。著者あとがきにあるように、個々の章としては本格派、本全体としては社会派の作品。
最後まで読んだときの鳥肌たるや…!

この本から華文ミステリーにドはまり
中国語の勉強まで始めました

6篇が其々にお見事。
そして「警察の正義」が貫かれています。
香港警察「名探偵」クワンは、やはり天才だと思う。しかし、偏狭ではなく社会に融通もチャンと利かせて、組織の中で生きています。読後感は、スッキリです。
けれどクワンは自他共に認める「ドケチ」って設定が笑えます。最後お話を読み終えて、「あら?」と最初のお話のページをめくってしまいました。

読者

F3b5f76b 9a8d 4ccc b31c 6a221f502f105c74e92a e061 464d 8727 474760c2e12bD8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd02048108af5ac60 e1d8 41ca ac24 2daef25d2efa2e0fc819 d4b2 403c bac6 ee1f837db03f05869e97 438c 425a a124 54c865af4a1f5fad21be b22d 4f5f bbd7 9f454a912c73Icon user placeholder 18人

新刊

時間革命

時間革命

670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb858

ぴあーす

2017年以降に読んだ本をストッ…

P37 悩むのは、「こうしたい」という自分なりの答えがあるのに、ロクでもないプライドや自意識が足を引っ張っている状態 P49 「すきま時間」は締切のあるゴールデンタイム。浪費せず、明確にやることを決めて実行することが自分時間を生むことにつながる P58 どうでもいいことは、会議中のスマホ×マルチタスキングでさっさと片付ける P65 より多くの時間を手に入れるのは「できません。代わりにやってください」と言える人。「はい、自分でがんばってみます」しか言えないプライドの高い人間は、どんどん時間貧乏になっていく。

11分前

Icon user placeholderC38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb46
白銀の墟 玄の月 第三巻

白銀の墟 玄の月 第三巻

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/11/21 読了 やっと話が動き出しました。長かった〜。 残るは1巻。 驍宗側も阿選側も動き出したので、最後は、大スペクタクルを期待❗️

約13時間前

F0314fe3 4444 4313 9212 c760560da60433d8e4eb 318d 4e02 bfee fb91fe442c491a10c69b cc73 4b1c 9a57 f7d1ddf2eda1
百花

百花

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

認知症になると新しい記憶から消えていって 昔のことを覚えている分 年齢もその時まで戻るのだろう 親が自分の事を忘れてしまったらと思うとなんかいたたまれない 自分もいつかは老人と言われる年齢になって その時に認知症になってしまったらという恐怖があるが 周りに迷惑かけてまで 生きていたくないと思いながら 自殺する勇気もない 未来に認知症を治す薬ができていることを切に願う

約15時間前

4225c5c8 10f3 48ed bf29 51aa6fcaa35a18dfc70f 9cf4 4b77 9926 2ca9b6a433b80bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd17561 18