514zwyvryzl

華文(中国語)ミステリーの到達点を示す記念碑的傑作が、ついに日本上陸!現在(2013年)から1967年へ、1人の名刑事の警察人生を遡りながら、香港社会の変... 続き

コメント

香港のミステリ。タイトルは2013年と1967年を意味しており1人の刑事を主人公とした中編が六篇、時代を遡る形で並べられている。いずれも香港にとって重要な年を舞台に書いている、とのことだったのでなんとなく政治色の強い作品なのかと思って読み始めたのだが、いい意味で先入観が裏切られた。「天眼」とも称される天才的な刑事が時に際どい手を使いながらも難事件を解決する本格的な推理小説で文字通り読みだしたらやめられない面白さが詰まっている。いくらなんでもこれはちょっとやり過ぎでは…という箇所も散見されるもののフィクションだし娯楽と割り切れば楽しめる。もちろんちょっとした描写で変わりゆく香港社会のこともきっちり描かれているが鼻につくほどではない。華文ミステリは初めてだったがクオリティも高く非常に面白かった。他の作品も読んでみたい。

その他のコメント

香港警察きっての敏腕刑事クワンの刑事人生を追った華文ミステリ。タイトルの「13・67」とあるように2013年から1967年までの6つ事件を年代をさかのぼって書いている、つまり話が進むごとにイギリス統治下のグラデーションが色濃くなっているのが興味深い。
手に汗握る突入劇と驚くべき真相の「テミスの天秤」1989年、風景や派遣されたイギリス人家族が居住するマンションにYoutubeで見る色あせた過去の香港CMと重ね合わせてみる「借りた場所に」1977年、が印象に残る。
翻訳は「歩道橋の魔術師」「台湾海峡1949」の天野健太郎。
ウォン・カーウァイが映画権取得。

冒頭「警察の威信が損なわれた最大の原因は、警察の事件対応に「ダブルスタンダード」があったからにほかならない。警察には当然「政治的に中立」という原則があり、どんな場合においても公正な対応をしなければならないのだが、実際には政府に近い組織にはまるで目に見えぬ抑圧があるように、かつてのような効果的な捜査ができなくなっていた。市民の間からはこんな批判の声が挙がった-香港にのしかかる巨大権力はとっくに香港のフェアネスをむしり取ってしまった。警察はもはや政府の犬と堕ち、偏った法の執行者として官衙の悪事を見逃す、政治のためのサービス業に成り果てた・・・」2013年 P9
東アジア的権威主義は共通。

6篇が其々にお見事。
そして「警察の正義」が貫かれています。
香港警察「名探偵」クワンは、やはり天才だと思う。しかし、偏狭ではなく社会に融通もチャンと利かせて、組織の中で生きています。読後感は、スッキリです。
けれどクワンは自他共に認める「ドケチ」って設定が笑えます。最後お話を読み終えて、「あら?」と最初のお話のページをめくってしまいました。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad408046b58 10fc 4538 ad28 8bc6ce8e348a98fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa686008634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cA2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b1326153e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aIcon user placeholderDa0fc94d cab2 456e 95d5 cf0e660535d8 11人

新刊

下鴨アンティーク 白鳥と紫式部

下鴨アンティーク 白鳥と紫式部

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1

ひろむ

月に6冊以上、年間75冊読破が今…

2018/6/18読了 シリーズ完結編。野々宮家の代々受け継がれるものを、鹿乃もまた次代へと受け継いでゆくんだなーという象徴的な話が前半。多分この話が実質的な完結編。 後半は、これまでにも数話あった良鷹がメインの和風ホラーっぽい番外編かと思いきや、普通に本編に合流して、なるほどこの流れでまた新しいシリーズが始められる要素もあるなと思ったり…。

約13時間前

Fcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699dbF8091af0 ce58 436f ba51 c60bfaf6c52b
僕たちのインターネット史

僕たちのインターネット史

7fbd141b a4c6 46c9 905c 8d70bd065902

kantaroh

ブルーにこんがらがって

インターネットの黎明期から現代に至るまで、僕たちの中の誰かがインターネットをどのように捉えていたのかを軽やかに語ってくれる。 蛇口を捻れば、水が出ることを不思議に思わないように、デジタルネイティブも、またその仕組みに関心を抱くことはないという指摘は、当たり前だけどその通りだと思う。 人々がサイバースペースに夢をみていたこと、生命の原初のスープとしてのインターネットから、細分化されブラックボックスとかしたインターネットの在り方を知ることで、僕たち一人一人が、独自のパースペクティブをもって、歴史に1ページを書き加えることに意味があるのだと語ってくれる。 時化のときも凪のときもある情報の海原を前に さて どこへ行こうかかしら ネットは 広大だわ

約13時間前

5faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6c85b0508e bc7d 47ed a968 8716313bbc4b
なぜ、わが子を棄てるのか―「赤ちゃんポスト」10年の真実

なぜ、わが子を棄てるのか―「赤ちゃんポスト」10年の真実

4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2

snowparade

漫画多めです。小説も読みます

最近、子どもに関する辛いニュースが多い中、私がふと思い出したのが「赤ちゃんポスト(正式には”こうのとりのゆりかご”)」でした。 里親・子ども・赤ちゃんポストにわが子を預けた親・病院関係者…さまざまな立場の人へのインタビューや赤ちゃんポストの報告書等を基にした内容です。 赤ちゃんポストはドイツ発祥のもので、現在の日本でも「普及しよう」という流れはあるものの、国が積極的ではないために法整備が進まず、結果理想とするラインには立てていないというのが現状です。ここで言う理想とは、赤ちゃんポストの利用の前に病院や行政での相談・カウンセリングを受けるということです。本来ならば、「育てられない」というのは避けるべきものであり、また赤ちゃんポストは結果として「子どもを棄てる」ということに繋がります。しかし、現状、行政や病院にどういう制度があって、育てられないという場合にはどういう手当や措置がなされるのか…それを把握していない母親が子どもを遺棄する・孤立出産する・赤ちゃんポストに預ける…といった事案が多く発生しています。 母親と赤ちゃん、両方の幸せを両立するにはどうしたらいいのか。子どもの人権を守るにはどうしたらいいのか。 赤ちゃんポストの匿名性が抱える課題や、子どもへの将来の精神的負担…などに着眼しながら、前記のようなことを考えていく本です。

約14時間前