514zwyvryzl

華文(中国語)ミステリーの到達点を示す記念碑的傑作が、ついに日本上陸!現在(2013年)から1967年へ、1人の名刑事の警察人生を遡りながら、香港社会の変... 続き

コメント

香港のミステリ。タイトルは2013年と1967年を意味しており1人の刑事を主人公とした中編が六篇、時代を遡る形で並べられている。いずれも香港にとって重要な年を舞台に書いている、とのことだったのでなんとなく政治色の強い作品なのかと思って読み始めたのだが、いい意味で先入観が裏切られた。「天眼」とも称される天才的な刑事が時に際どい手を使いながらも難事件を解決する本格的な推理小説で文字通り読みだしたらやめられない面白さが詰まっている。いくらなんでもこれはちょっとやり過ぎでは…という箇所も散見されるもののフィクションだし娯楽と割り切れば楽しめる。もちろんちょっとした描写で変わりゆく香港社会のこともきっちり描かれているが鼻につくほどではない。華文ミステリは初めてだったがクオリティも高く非常に面白かった。他の作品も読んでみたい。

その他のコメント

香港警察きっての敏腕刑事クワンの刑事人生を追った華文ミステリ。タイトルの「13・67」とあるように2013年から1967年までの6つ事件を年代をさかのぼって書いている、つまり話が進むごとにイギリス統治下のグラデーションが色濃くなっているのが興味深い。
手に汗握る突入劇と驚くべき真相の「テミスの天秤」1989年、風景や派遣されたイギリス人家族が居住するマンションにYoutubeで見る色あせた過去の香港CMと重ね合わせてみる「借りた場所に」1977年、が印象に残る。
翻訳は「歩道橋の魔術師」「台湾海峡1949」の天野健太郎。
ウォン・カーウァイが映画権取得。

冒頭「警察の威信が損なわれた最大の原因は、警察の事件対応に「ダブルスタンダード」があったからにほかならない。警察には当然「政治的に中立」という原則があり、どんな場合においても公正な対応をしなければならないのだが、実際には政府に近い組織にはまるで目に見えぬ抑圧があるように、かつてのような効果的な捜査ができなくなっていた。市民の間からはこんな批判の声が挙がった-香港にのしかかる巨大権力はとっくに香港のフェアネスをむしり取ってしまった。警察はもはや政府の犬と堕ち、偏った法の執行者として官衙の悪事を見逃す、政治のためのサービス業に成り果てた・・・」2013年 P9
東アジア的権威主義は共通。

6篇が其々にお見事。
そして「警察の正義」が貫かれています。
香港警察「名探偵」クワンは、やはり天才だと思う。しかし、偏狭ではなく社会に融通もチャンと利かせて、組織の中で生きています。読後感は、スッキリです。
けれどクワンは自他共に認める「ドケチ」って設定が笑えます。最後お話を読み終えて、「あら?」と最初のお話のページをめくってしまいました。

読者

5fad21be b22d 4f5f bbd7 9f454a912c73Icon user placeholder1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad408046b58 10fc 4538 ad28 8bc6ce8e348a98fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa686008634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cA2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b1326153e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a 13人

新刊

不在

不在

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

主人公明日香の愛の定義は、変だ。読んでいてイライラしてしまった。 遺品整理という作業が、明日香が持つ家族愛とやらを掘り起こしていく感覚にぴったりだ。 何が「不在」なのか……。 家か。愛か。 社会生活における普通人の心の底を覗くと、みんな驚くほど違って変なのかもしれない。それでも、グダグダになりながら一歩前に進める人はいつか、素敵な景色を見ることが出来るんだと思う。 「間違ってもいい」明日香のこの言葉は、本の終わりでこそ心に沁みる。

約18時間前

187bb560 6007 4def bd4d de632e937dc524d7722a d09b 4caa 987c d8850f1ffd0007bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89e 19
性食考

性食考

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休日は散歩しなが…

岩波書店のホームページで連載された文章を元に編まれたこの本。「食べちゃいたいほど、可愛い」恋人や子供や孫にささやく言葉。人は動物を殺し、食べ、生きる。人は異性と交わる。そして子供が生まれる。食や性を嫌悪すれば、行き着くのは死だ。生きるために殺し交わる我々。『ぐりとぐら』に『あんぱんまん』、イザナキ・イザナミ神話や九相図を辿りつつ、生きることとは、野生とは、文明とはと問いかけてくる328ページ。「あゝ、つらい、つらい。僕はもう虫をたべないで飢えて死なう」。

約22時間前

07bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89eD3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79e6ce246ea 6801 44c3 bc07 1153d7dd2568 23
真赤な子犬: <新装版>

真赤な子犬: <新装版>

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休日は散歩しなが…

日影の著作の復刊は、忘れた頃にポツポツと行われる。今度は徳間文庫から、長編推理小説が蘇った。軽く読めるさらさらとした文体で書かれていてユーモアも散りばめられているけれど、海外推理小説がたっぷり引用されたり、西洋料理の薀蓄が披露されたりの日影要素はいつも通り。品川区・目黒区・大田区あたりの街並みが頭に入っていると、ますます楽しく読めると思います。

約22時間前