514zwyvryzl

華文(中国語)ミステリーの到達点を示す記念碑的傑作が、ついに日本上陸!現在(2013年)から1967年へ、1人の名刑事の警察人生を遡りながら、香港社会の変... 続き

コメント

6篇が其々にお見事。
そして「警察の正義」が貫かれています。
香港警察「名探偵」クワンは、やはり天才だと思う。しかし、偏狭ではなく社会に融通もチャンと利かせて、組織の中で生きています。読後感は、スッキリです。
けれどクワンは自他共に認める「ドケチ」って設定が笑えます。最後お話を読み終えて、「あら?」と最初のお話のページをめくってしまいました。

その他のコメント

香港のミステリ。タイトルは2013年と1967年を意味しており1人の刑事を主人公とした中編が六篇、時代を遡る形で並べられている。いずれも香港にとって重要な年を舞台に書いている、とのことだったのでなんとなく政治色の強い作品なのかと思って読み始めたのだが、いい意味で先入観が裏切られた。「天眼」とも称される天才的な刑事が時に際どい手を使いながらも難事件を解決する本格的な推理小説で文字通り読みだしたらやめられない面白さが詰まっている。いくらなんでもこれはちょっとやり過ぎでは…という箇所も散見されるもののフィクションだし娯楽と割り切れば楽しめる。もちろんちょっとした描写で変わりゆく香港社会のこともきっちり描かれているが鼻につくほどではない。華文ミステリは初めてだったがクオリティも高く非常に面白かった。他の作品も読んでみたい。

香港警察きっての敏腕刑事クワンの刑事人生を追った華文ミステリ。タイトルの「13・67」とあるように2013年から1967年までの6つ事件を年代をさかのぼって書いている、つまり話が進むごとにイギリス統治下のグラデーションが色濃くなっているのが興味深い。
手に汗握る突入劇と驚くべき真相の「テミスの天秤」1989年、風景や派遣されたイギリス人家族が居住するマンションにYoutubeで見る色あせた過去の香港CMと重ね合わせてみる「借りた場所に」1977年、が印象に残る。
翻訳は「歩道橋の魔術師」「台湾海峡1949」の天野健太郎。
ウォン・カーウァイが映画権取得。

冒頭「警察の威信が損なわれた最大の原因は、警察の事件対応に「ダブルスタンダード」があったからにほかならない。警察には当然「政治的に中立」という原則があり、どんな場合においても公正な対応をしなければならないのだが、実際には政府に近い組織にはまるで目に見えぬ抑圧があるように、かつてのような効果的な捜査ができなくなっていた。市民の間からはこんな批判の声が挙がった-香港にのしかかる巨大権力はとっくに香港のフェアネスをむしり取ってしまった。警察はもはや政府の犬と堕ち、偏った法の執行者として官衙の悪事を見逃す、政治のためのサービス業に成り果てた・・・」2013年 P9
東アジア的権威主義は共通。

読者

8af5ac60 e1d8 41ca ac24 2daef25d2efa2e0fc819 d4b2 403c bac6 ee1f837db03f05869e97 438c 425a a124 54c865af4a1f5fad21be b22d 4f5f bbd7 9f454a912c73Icon user placeholder1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad408046b58 10fc 4538 ad28 8bc6ce8e348a98fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa6860 16人

新刊

オオサンショウウオのまんが

オオサンショウウオのまんが

B3302881 8e87 48dc 91fb 4e7e555407bf

1546Strawberry

書店員やってます。小説描きます

かるーーーく、ゆるーーーく読めて良き◎ 絵が可愛らしくてつい頬が緩む。 これといった起承転結は無いけどだからこそ何も考えないで読めるし、読み終わった後も考えなくて良いから、ただ癒される漫画。すき。

約2時間前