514zwyvryzl

華文(中国語)ミステリーの到達点を示す記念碑的傑作が、ついに日本上陸!現在(2013年)から1967年へ、1人の名刑事の警察人生を遡りながら、香港社会の変... 続き

コメント

6篇が其々にお見事。
そして「警察の正義」が貫かれています。
香港警察「名探偵」クワンは、やはり天才だと思う。しかし、偏狭ではなく社会に融通もチャンと利かせて、組織の中で生きています。読後感は、スッキリです。
けれどクワンは自他共に認める「ドケチ」って設定が笑えます。最後お話を読み終えて、「あら?」と最初のお話のページをめくってしまいました。

その他のコメント

香港のミステリ。タイトルは2013年と1967年を意味しており1人の刑事を主人公とした中編が六篇、時代を遡る形で並べられている。いずれも香港にとって重要な年を舞台に書いている、とのことだったのでなんとなく政治色の強い作品なのかと思って読み始めたのだが、いい意味で先入観が裏切られた。「天眼」とも称される天才的な刑事が時に際どい手を使いながらも難事件を解決する本格的な推理小説で文字通り読みだしたらやめられない面白さが詰まっている。いくらなんでもこれはちょっとやり過ぎでは…という箇所も散見されるもののフィクションだし娯楽と割り切れば楽しめる。もちろんちょっとした描写で変わりゆく香港社会のこともきっちり描かれているが鼻につくほどではない。華文ミステリは初めてだったがクオリティも高く非常に面白かった。他の作品も読んでみたい。

香港警察きっての敏腕刑事クワンの刑事人生を追った華文ミステリ。タイトルの「13・67」とあるように2013年から1967年までの6つ事件を年代をさかのぼって書いている、つまり話が進むごとにイギリス統治下のグラデーションが色濃くなっているのが興味深い。
手に汗握る突入劇と驚くべき真相の「テミスの天秤」1989年、風景や派遣されたイギリス人家族が居住するマンションにYoutubeで見る色あせた過去の香港CMと重ね合わせてみる「借りた場所に」1977年、が印象に残る。
翻訳は「歩道橋の魔術師」「台湾海峡1949」の天野健太郎。
ウォン・カーウァイが映画権取得。

冒頭「警察の威信が損なわれた最大の原因は、警察の事件対応に「ダブルスタンダード」があったからにほかならない。警察には当然「政治的に中立」という原則があり、どんな場合においても公正な対応をしなければならないのだが、実際には政府に近い組織にはまるで目に見えぬ抑圧があるように、かつてのような効果的な捜査ができなくなっていた。市民の間からはこんな批判の声が挙がった-香港にのしかかる巨大権力はとっくに香港のフェアネスをむしり取ってしまった。警察はもはや政府の犬と堕ち、偏った法の執行者として官衙の悪事を見逃す、政治のためのサービス業に成り果てた・・・」2013年 P9
東アジア的権威主義は共通。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad408046b58 10fc 4538 ad28 8bc6ce8e348a98fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa686008634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cA2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b1326153e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aIcon user placeholderDa0fc94d cab2 456e 95d5 cf0e660535d8 11人

新刊

自分の言葉で語る技術

自分の言葉で語る技術

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

実はとあるところから寄稿文の依頼があって、 公なモノに文章を書くなんて生まれてはじめてだったので、 引き受けたのはいいものの、 緊張と不安でいっぱいになり、 藁にすがる思いで読みました。 物書きを生業にしている人はどうかわからないのだけど、 元々「書きたいこと」というのがあまりなく、 あってもTwitterのように短い文章しか書けなくて、 どこかよそよそしい、「借り物の言葉」みたいなのになって、 しかも字数が余りに余って恐怖でした。 けれどこの本を読み進めたら、 とても背中を押された気持ちになり、 無事に書き上げることができました。

約1時間前

雨のアト

雨のアト

F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1

chisato

旅好き

イラストレーター深町なかさんの久々のイラストエッセイです。もともと彼女の絵が好きでTwitterもフォローしているのですが、新しい本が出ると聞いて買ってきました! 本作は恋人と、家族と、友達と、自分の幸せの瞬間を切り取った絵が掲載されています。わかるー!こういう瞬間幸せー!っていうものもあれば、これ素敵ー!っていう幸せも載っています。 一番最後には自分自身の幸せの瞬間を書き込むページがあります。私の好きな些細な幸せの瞬間を後で書いてみよーって思ってます♪

約3時間前

Ffbc3a68 3336 4c07 97da 40623dcfb233Icon user placeholder
日本の国難 2020年からの賃金・雇用・企業

日本の国難 2020年からの賃金・雇用・企業

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

少子高齢化がこの国に背負わせた半世紀は続くであろう呪い、AIの飛躍的進化が奪う雇用、そして遠からずやってくるとされる国際的な金融危機と、暗澹たる心持ちにさてくれる一冊。 国そのものは当分低空飛行だろうから、個々人で出来る範囲で備えるしかないかねえ。最近この手の本が増えた。

約4時間前

町山智浩の「アメリカ流れ者」

町山智浩の「アメリカ流れ者」

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

読了。「最前線の〜」に比較するとラジオ放送も基本ネタバレに気をつけているので「観る前情報」に重き。ラジオのライブ感がなかなか紙面に伝わってこないのがやや残念。巻末のリストは毎回録音してる身としては非常に助かる。

約5時間前