51sss%2bavy4l

無実の死刑囚を救い出すために与えられた期限は三ヶ月、報酬は一千万円だった。不可能とも思える仕事を引き受けた二人の男に待ち受けていた運命とは-手に汗握る展開... 続き

コメント

死刑執行までの限られた時間で無実を証明すること。最初から最後までスピード感よく、ジェットコースターサスペンス☆ハラハラ・ドキドキの連続でした

読者

90668aba 9e2e 482e bb0c ac1bf7ce7613Cf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b17527811671cc 2d8e 466d 8af8 9f9d8b1ad35eC679b118 7132 4af8 91da 063ee59d46214486bb5d 8e5d 4271 bc93 5ee74cdc95f0 5人

高野和明の本

グレイヴディッガー

グレイヴディッガー

Afd18f1c 2020 4007 bec7 6d9c5b85871f

桐野

東京の小学校で日々、子供たちとじ…

東京がとても広く感じる本。 市井の名もなき悪党が巨悪を滅ぼす瞬間がとても痛快だった。 ただ、幽霊は出して欲しくなかった。

約4年前