51vrc0kqagl

犯行時刻の記憶を失った死刑囚。その冤罪を晴らすべく、刑務官・南郷は、前科を背負った青年・三上と共に調査を始める。だが手掛かりは、死刑囚の脳裏に甦った「階段... 続き

コメント

その他のコメント

とにかく読むべき。笑
江戸川乱歩賞は審査員満場一致だったようです。
ラストの衝撃度も抜群。
著者は映像の世界の出身だそうで、映画(ドラマ?)の出来は満足してないらしい。
逆に映像版を観て、原作と比べてみたい気もする。

読者

28d8afcf 375d 49db 9477 c5ec017a68808d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac19196bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d063d955df8 85ac 48a3 8500 f08c77ad5f942f7d9080 c35b 4b8e a300 64c7f2c54b90B61cf932 1c2a 400a 9bf8 d7c3a05e21dfFb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8C86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c7 80人

高野和明の本

13階段

13階段

Cf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b17527

さくチロ

読書は人生の道標☆

死刑執行までの限られた時間で無実を証明すること。最初から最後までスピード感よく、ジェットコースターサスペンス☆ハラハラ・ドキドキの連続でした

10か月前

90668aba 9e2e 482e bb0c ac1bf7ce7613811671cc 2d8e 466d 8af8 9f9d8b1ad35eC679b118 7132 4af8 91da 063ee59d4621
グレイヴディッガー

グレイヴディッガー

Afd18f1c 2020 4007 bec7 6d9c5b85871f

桐野

東京の小学校で日々、子供たちとじ…

東京がとても広く感じる本。 市井の名もなき悪党が巨悪を滅ぼす瞬間がとても痛快だった。 ただ、幽霊は出して欲しくなかった。

約4年前