41wyr3la5gl

「こうであったかもしれない」過去が、その暗い鏡に浮かび上がらせるのは、「そうではなかったかもしれない」現在の姿だ。書き下ろし長編小説。 続き

コメント

長かった(笑)

終わりに差し掛かる所で「これは?」と思い始めた。

BOOK2の内容が気になる。

早く「これは!?」という気持ちになりたい。

何か曲の始まりから最後の小節まで凄いなだらかなクレッシェンドをかけられているみたいだ(笑)

この本で初めて初村上春樹さんを読みました。思っていたのと全然違い、本の世界に引き込まれました。なんか不思議な世界観。

『海辺のカフカ』からの変化はあるけど、これは好き。

村上春樹さんの作品はじめて読んだけど、読みはじめから独特な世界観に引きつけられてファンになりました。

1Q84シリーズ、読了しました。

村上春樹さんの本は、ことばに命が宿っている気がして大好きです。

とくに好きなところは、
BOOK3 22章での、
牛河の「まずこの光景を丸ごと理屈抜きで受け入れるしかない。話はそこから始まる」という台詞。

自分の中での思い込みを一旦すべて置いておいて、新しいものを受け止めることは、難しいけど、世界が広がる可能性があるから大切だなって感じるこの頃です。

「常識」って結構自分で決めつけてるだけで、価値観を狭めている、足枷みたいなもの。

ハマっている大好きなことばは、「常識をぶっ壊そう」!!

読者

A20c6877 009d 4922 a0f4 4304c9f6c7493e02af49 bbde 4dd1 8171 bc6325aff0629bf922d4 0ea0 4d57 a44e dbd36d5e97e00cd5cf18 e712 45f2 b18d b4f144b1fd3033c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737Icon user placeholderDc7f367e da15 4f41 a527 0fca57a70e990970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a 71人

村上春樹の本

象工場のハッピーエンド

象工場のハッピーエンド

A10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af3

そらもよう

空中ランダムウォーク(仮)

安西水丸さんのイラストたっぷり味わいながら、村上春樹さんの軽快なリズムに乗って、いつのまにか音読していた。。。あの羊男さんや双子も登場、「マイ・スニーカー・ストーリー」に目が点になり「鏡の中の夕焼け」にるるる。白ワインとマスクメロンのイラストいいな〜と思いつつ、書体がいろいろで楽しいです。

約2か月前

走ることについて語るときに僕の語ること

走ることについて語るときに僕の語ること

200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0

マシロ

積ん読が其処彼処に小山を築いてい…

実際日常的に走っている人の走ることについての文章が読みたくて読んだんですけど、読んでよかった。村上春樹の文章についてはつらつらと読めてしまい、気が向いたときに手に取るという感じでこれまで読んできたので、エッセイ的なもの(本作では「メモワールのようなもの」としていますが)は初めて手にしたのですが、元々いろんなことに興味のある人の文章という感じで、読んでいて面白いなぁ。しかし毎年フルマラソンを走り、また毎月走る距離を管理しているというのはすごい。あと小説を書くことについても書かれていたのが個人的に興味深かった。

2か月前

628c2ab5 603b 4834 b049 afcd7a532dc4A20c6877 009d 4922 a0f4 4304c9f6c7497a9cc2e9 e307 4227 aceb 7b80eea8b47c 9