41wyr3la5gl

「こうであったかもしれない」過去が、その暗い鏡に浮かび上がらせるのは、「そうではなかったかもしれない」現在の姿だ。書き下ろし長編小説。 続き

コメント

この本で初めて初村上春樹さんを読みました。思っていたのと全然違い、本の世界に引き込まれました。なんか不思議な世界観。

その他のコメント

長かった(笑)

終わりに差し掛かる所で「これは?」と思い始めた。

BOOK2の内容が気になる。

早く「これは!?」という気持ちになりたい。

何か曲の始まりから最後の小節まで凄いなだらかなクレッシェンドをかけられているみたいだ(笑)

『海辺のカフカ』からの変化はあるけど、これは好き。

読者

9bf922d4 0ea0 4d57 a44e dbd36d5e97e00cd5cf18 e712 45f2 b18d b4f144b1fd3033c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737Icon user placeholderDc7f367e da15 4f41 a527 0fca57a70e990970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a44333999 413e 46c0 9a19 034457b3e131A10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af3 69人

村上春樹の本

走ることについて語るときに僕の語ること

走ることについて語るときに僕の語ること

200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0

マシロ

積ん読が其処彼処に小山を築いてい…

実際日常的に走っている人の走ることについての文章が読みたくて読んだんですけど、読んでよかった。村上春樹の文章についてはつらつらと読めてしまい、気が向いたときに手に取るという感じでこれまで読んできたので、エッセイ的なもの(本作では「メモワールのようなもの」としていますが)は初めて手にしたのですが、元々いろんなことに興味のある人の文章という感じで、読んでいて面白いなぁ。しかし毎年フルマラソンを走り、また毎月走る距離を管理しているというのはすごい。あと小説を書くことについても書かれていたのが個人的に興味深かった。

2日前

7a9cc2e9 e307 4227 aceb 7b80eea8b47cE5c15d86 fa5a 4766 a6aa bf26459b98227488fce7 afb7 46f0 9f41 1aee0af84bfb