51wsgbwfezl

コメント

必要最低限の物だけで生活する。物を買うときは、ほしいかほしくないか、あると便利か、ではなく「必要か必要でないか」というものさしで。

0084
2018/12/13読了
自分がどこまで、何があれば生活できるかがはっきりしていれば誰でもこういう生活はできるなあ。
やりたくないことをはっきりさせることだな。
節約が目的じゃないから、お金を使うときには使うというのがいい。

先日、大原扁理さんの「20代で隠居 週休5日の快適生活」を読みました。

読むきっかけとしては、もともと、日本一有名なニート(今現在は、ニートというより、文筆業といった感じ)のphaさんに興味があって(「ニートの歩き方」は以前に読みました)、そのphaさんがこの本を紹介していて(本の帯も書いているみたいです)、それで読んでみました。

読んだ感じ、phaさんと価値観が似てるところがあるけど、phaさんより、大原扁理さんのほうが、孤独を愛するタイプなのかなあといった印象を受けました(とはいえ、少ないけど、仲良くしてる友人はいると、本の中で書いてはいますが・・・)。

phaさんや大原扁理さんに共通する価値観を、かなり雑に大雑把にまとめてみると、日々仕事に追われて忙しいのも嫌だし、出世や結婚や贅沢な暮らしにも興味がないから、できるだけ労働時間は減らして、最低限の収入で、マイ・ペースに楽しく暮らしていこうってことだと思うんですね(ほんとに雑にまとめたので、細かいところは間違ってるかも・・・)。

で、phaさんや大原扁理さんのように、ニートになったり、隠居するのは極端かもしれないけど、でも、こういう価値観の人って、これから若い人たちの間で増えてくんじゃないかなあと思ったりしました(上の世代の人たちには、受け入れられないかもしれませんが・・・)。

読者

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cIcon user placeholder783444e6 84e8 4a08 94f2 1884cb6815b7Icon user placeholderCb34b2b3 79d5 4a61 8dbd e287339ddabf35b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe438Bede488f eb09 4e91 9a54 e8af296f0c610b97c505 6986 4477 969f 1bca2987d2d5 8人

大原扁理の本

年収90万円で東京ハッピーライフ

年収90万円で東京ハッピーライフ

35b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe438

mou

ブログ的感覚で、読んだ本の感想を…

先日、大原扁理さんの「年収90万円で東京ハッピーライフ」を読みました。 前作の「20代で隠居 週休5日の快適生活」も以前に読んでいて、引き続き、今作も読んでみました。 読んだ感じ、内容が、「20代で隠居」と重なる部分もあるんですけど、今作のほうが、大原扁理さんが歩んできた人生や、考え方や、価値観がくわしく書かれていて、「わたくし、大原扁理はこういう人間です」といった感じが、全面に出てる気がしました。 なので、内容が重なる部分もあるんですけど、大原扁理さんの生活スタイルについてや、今の生活スタイルに至った経緯などをくわしく知りたい場合は、「20代で隠居」を読んだほうがいいかも、と思ったりしました。

2年前

22f8bbbe 0f9e 44dd 8af4 064171ed072a0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cIcon user placeholder 12