31qfjvejrdl

どうすれば自分の気持ちや考えを「文章だけ」で伝えることができるのか?この授業のスタート地点はそこにある。そう、僕らは「話せるのに書けない!」のだ。人に口で... 続き

コメント

書くことについて、小手先のテクニックではなく、文章を書くための考え方がまとめられている。章ごとのまとめのページもあり、わかりやすい。
書くことは考えること。

学校の先生じゃなくて、カリスマ塾の先生に教えてもらっているみたいでした。
書く事に不安になった時に、側に居て欲しい本です。

文章を書く上でとても参考になりました。

学校で教えてくれない文章の書き方を分かりやすく学べます。

読者

Icon user placeholder51fcc823 3610 4c68 85fa b38de3ba02bf8fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766deIcon user placeholder33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737Icon user placeholder8156745f bb53 47aa b194 2d5752dce99d1e80f26e 82b1 4c26 9224 d05d63c6afad 91人

古賀史健の本

みんなが書き手になる時代の あたらしい文章入門

みんなが書き手になる時代の あたらしい文章入門

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

文字だけで伝えなくてはならない文章は、とかく相手に伝わりにくいもの。ただ思いの丈をぶちまけても説得力は生まれない。人に伝わる、人を動かす、感動を与える文章を書くには一定の論理が必要である。 逆に言えば、文章に一定の論理が備わっていれば、自ずとその価値は高まるわけで、本書は上記の前提に立って、可読性の高い文章を書くためのテクニックを伝えてくれる。 主張・理由・事実の連動、主観と客観の使い分け、起「転」承結を意識した構成、などなど、ほんの少しだけ構成を手直しするだけで、文章はびっくりするほどわかりやすくなる。 仕事や趣味のBlogなどで、日常的に文章を書く機会がある方には一度試して見て頂きたい小技集であると言える。ワリとおススメ。

30日前

古賀史健がまとめた糸井重里のこと。

古賀史健がまとめた糸井重里のこと。

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

糸井糸井さんが、自分自身のことを語る。 こういう本がずっと欲しかった。 気を許すことのできる古賀さんがインタビュアーになることで、 本当のことを、 本当の言葉で、 誇張することなくまっすぐに語っている気がしました。 個人的に岩田さんとのエピソードにたっぷりページを割かれていて、すごくうれしかったです。 糸井さんと岩田さんのやりとりを、 もっともっと見たかった。 2人とも、心から尊敬しています。

3か月前

Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bdC2553245 84a1 4fc5 9f70 0e2a6896e832