51eblk8bq8l

自動運転、EV、ライドシェア……次世代自動車産業を巡る戦いは、まさに異業種間戦争。覇権を握るのはどこか? 日本の活路は!? 続き

コメント

どんな商品も時代の流れや進化には逆らえません。

その他のコメント

読者

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b5aff05e3 8999 448d a936 073ec23edacbF4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966cD418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40Ce91adb0 0ccb 47b6 b18f c31d78e5b00b 5人

田中道昭の本

アマゾンが描く2022年の世界 すべての業界を震撼させる「ベゾスの大戦略」

アマゾンが描く2022年の世界 すべての業界を震撼させる「ベゾスの大戦略」

Icon user placeholder

ypr

Eコマースからクラウドや宇宙開発まで手がけるamazonの巨大な世界観に触れ、日本もこのままではamazonに支配されてしまうと危機を感じた。 一方で、ステークホルダーから多くの反感も買っているという現状から推測するに、必ずしもこのまま順調に成長を続けていくわけでもなさそうだという気もした。 amazonnとの比較としてあげられたアリババは、中国国家としての成長を支えるという大義の元にビジネスを広げていると紹介されており、amazonよりも、むしろアリババの方がグローバルに広がる可能性を秘めているように感じた。 これに対抗する日本の会社としてメルカリが紹介されていた。 実はコンシューマー間のP2Pのプラットフォームを作ろうとしているという著者の考察に、単なるフリマアプリの会社と思っていた自分は物事の表面しか見ていなかったなと反省。

1年前

61b118d2 3f1e 4ff1 a01e 9e283925c2219fb37280 03c5 4882 9d53 8efeb56507b1Icon user placeholder 19