51uwyhyk8rl

ベストセラー『2020年マンション大崩壊』の筆者の第2作! 前回は個人の住宅問題に切り込んだが、今回はビジネスモデルが対象。 日本の高度成長時代、「量的充... 続き

コメント

マクドナルドとディズニーのビジネスモデルを、これまで半世紀の日本の成長と人々の嗜好に重ね合わせて分析。そこから専門領域の不動産へビジネスモデルをリンクさせ、最終的には次なる四半世紀の日本の未来を語る、、という壮大な展開。

豊洲市場などのホットな話題に何でも乗っかって無理やり関連づけるところはうーんって感じだけど、全般には面白かった!
ビジネスモデルというと堅苦しいけど、要は日本人の価値観の変遷の話。

読者

A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57Fec20a20 b4e7 4b2a a72e 227bcda13a01670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb858 3人

牧野知弘の本

空き家問題

空き家問題

B46867b6 d26f 44c3 9ff4 ea2fe9ea6135

reif

Kindle 読み

2020 年に空き家 1,000 万戸…!という衝撃の問題提起から、超高齢化社会におけるコンパクトシティへの提言まで、不動産の専門家としての意見。自分の団塊の世代の親も一戸建てを放擲して空き家にしているので切実

約4年前