51t88sbpfsl

発行元から

驚愕の先の涙、涙! 小説というもう一つの衝撃。
書籍編集者・川北未南子は苦悩していた。突如現れた美しい青年・曾根崎雅人から預かった原稿は、巧みな文章で綴られ、彼女を魅了した。しかし、そこに書かれていたのは、22年前の、すでに時効が成立した連続絞殺事件、その犯人による告白だったのだ。はたして、この本は出版されるべきなのか。だが――わたしはもう悪魔の虜になっていた……。
出版された『私が殺人犯です』は、たちまちベストセラーとなり、曾根崎は熱狂を煽るかのように挑発行為を続ける。犯人逮捕を果たせなかった刑事の無念。そして、被害者遺族たちのやるせない思い――。社会の禁忌に挑む小説版『22年目の告白』が登場。

浜口倫太郎の本

AI崩壊

AI崩壊

Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435

りんご

東京都 伊坂幸太郎さん、誉田哲也…

展開が早く、一気読み。いろいろ考えさせられる作品かな

4か月前

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97Bcc94ef8 73a5 4f7c 94a8 b4ad5f30332b21f21538 0ba6 403c 814e 6c645fbcc906
22年目の告白-私が殺人犯です-

22年目の告白-私が殺人犯です-

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

個人の見解として、小説を映像化すると原作に及ぶものはなかなかないと思っていますが、この作品は逆に映画を小説化したものです。 細部の設定に曖昧な部分があるように感じましたが、一気に読み切り、映像も見たいと思わせるほどのパワーがある作品でした。装丁が作品中の描写と同じなのも気が利いています。

2年前

20fd71ea 3c1d 489d 8d3a e1e97fc8e8235b4b7c22 d274 4b47 a0c1 cf88966cf001E0814ea8 0df2 4279 ad80 13fab4f65e1e