51t88sbpfsl

驚愕の先の涙、涙! 小説というもう一つの衝撃。 書籍編集者・川北未南子は苦悩していた。突如現れた美しい青年・曾根崎雅人から預かった原稿は、巧みな文章で綴ら... 続き

コメント

時効が成立した殺人犯が書いた小説を出版する。それもセンセーショナルを煽り立てる手法で。
伏線自体は分かりやすく張ってくれているのでどんでん返しは理解の範囲内ながら読後感はよい。

その他のコメント

終始手の止まらない内容だった。

牧村の妹が殺される所は、胸糞悪かったが、終盤の大どんでん返しには、目を見張った...。

そして、ラストは大変後味の良い結末でした!

圧巻の作品です!

ずっと気になってた一冊。
こんな本だったのか!読んでよかった!
一気に読んでしまって寝不足。
大切な人を失ったら、人はなんだってできるんだな。

読者

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5Icon user placeholderIcon user placeholder5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2Icon user placeholderIcon user placeholder 31人

浜口倫太郎の本

22年目の告白-私が殺人犯です-

22年目の告白-私が殺人犯です-

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

個人の見解として、小説を映像化すると原作に及ぶものはなかなかないと思っていますが、この作品は逆に映画を小説化したものです。 細部の設定に曖昧な部分があるように感じましたが、一気に読み切り、映像も見たいと思わせるほどのパワーがある作品でした。装丁が作品中の描写と同じなのも気が利いています。

約1年前

20fd71ea 3c1d 489d 8d3a e1e97fc8e8235b4b7c22 d274 4b47 a0c1 cf88966cf001E0814ea8 0df2 4279 ad80 13fab4f65e1e