Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51f6ckzcfol

コメント

日本の首都東京、その狭い都市の中にも
格差は存在している。

都市計画のコンサルタントして、様々な地方都市の
まちづくりを手がけてきた筆者は、
近年、住みたい街の選び方が変わってきたと感じている。

東京を、単に外側から見る「憧れの街」としてではなく
生活する場として、身近な街として
「私にとっての暮らしやすい街」を求める傾向が出てきたようだ。

この「私にとって」が大切なのだと思う。
今日、セルフ・ブランディングとまでは言わずとも
皆が同じであった没個性時代を経て、
それぞれが個性を重んじ、自分らしさを追求している。
いつまでプライドの呪縛に囚われているべきかを考えれば
住みたい街は広がっていく。

23区中、所得最下位の足立区でも
大阪市(192位)や札幌市(285位)より所得水準が高いという、
東京自体が高所得の都市であること。
その23区内でもピケティ氏の説を裏付けるかのごとく
「富の集中」が進んでいること。

東京で生まれ育った私にとって
統計を基に次々と明かされる現実は、
薄々気付いていたとは言え、
喜んで受け入れられることばかりではなかった。

更に、日本の核家族化は大正時代から始まっており、
そして2010年の国勢調査でひとり暮らしが
夫婦と子供の世帯より多くなったという事実。

それでも、少子化が問題視される日本で
23区では子供が増えているという明るい側面もある。

結論として、住んでいい区はあるが、住んではいけない区はない。
あくまでも「私にとって」住みやすい街かどうかである。

個々人がそれぞれに描く未来像に応じ
意識的に「住んでいいまち」を選ぶようにすれば良い・
言い換えるなら、まちを未来につなげていく主役を、
私たち自身が担うということなのだと筆者は言う。

訪れたい街と住みたい街が必ずしも一致する必要はないと思う。
自分らしく暮らせる街は、ここ以外にもあるかも知れないと
今、少しワクワクしている。

年収、福祉、教育、犯罪、統計から読む23区の格差。人口減少社会にあって、東京の一人勝ちと言われがちな昨今だけど、その東京の中でも勝ち組負け組は生まれてきているよというお話。

でも、実際問題住むところって、そんなに考えて選んで無いというか、仕事や家庭の都合で、ある程度限定された選択肢の中から選ぶよね。
まあ、、その選択肢が限定される中で、ある程度の階層のセグメントが発生するのだけど。

って、考えると区の格差以前に、やはり相応の人それぞれの社会事情があって、それが住んでる場所に反映されているだけなのかもしれないね。

よく調べて研究しているなと思わせられる本。
でも、あくまでもデータは客観的なものなので、その客観性の要素のみで主観的な主張をするのはどうかと思った。

ただ、何でもあるけど何にもないというフレーズには吹いたw
流石‼︎

読者

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a8359d0a2bfb cee4 4a56 8ee0 8d30ae78cfa23d1453a2 c7f8 4c03 8f78 f4d7f65df083 3人

社会

日本のテロ:爆弾の時代 60s-70s

日本のテロ:爆弾の時代 60s-70s

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

正直なところ社会主義や共産主義は必ず全体主義に行き着くため大嫌いなのだが…監修者が著作を読んで感銘を受けた人だったので手に取ってみました。日本の左翼運動の歴史を振り返ってコンパクトにまとめたもの。監修者のスタンスから予想はしていたがやはり左翼系へのシンパシーが滲み出ている内容。日本の革命家列伝などコラムを挟みつつ赤軍や企業爆破など日本にも昔あったテロの時代を網羅している。巻末には時代を知るための文学作品紹介などもあってなかなか興味深い。 本筋とは関係ないけどえてして高学歴の人が左翼にハマるのは計画管理する側に立てるからなんじゃないかと思っていて前衛や大衆の中からの闘争などと言っててもしょせん、とは思った。いろいろ興味深い内容だけど個人的には子供は読んではいけないと思った。危険。

3日前

雪解けの尾根―日航機事故から11年

雪解けの尾根―日航機事故から11年

Ee026b6a 61cc 4ddf 93f5 3e262fa8c789

ころ猫

あまり読んでいないので、滅多にu…

僕が読んだのは、第3版になるようで 2008年(事故から23年目)に出版されたものです。 メインタイトルは同じですが、サブタイトルが少し違っていて「JAL123便の墜落事故」となっています。 正直、読み進めるのに色んな意味で しんどい本ではあります。 それだけに、事故の重さというものを痛感しました。 終わりの方は、楢勝(ならかつ)というニックネームの男性とのことが書かれていて、直接 事故と関係ない部分が多いのですが、それだけ彼に助けられたことが多かったのだろうと伺えます。 私には、飛行機事故にあった家族や知り合いは居ませんが、この事故の記憶は いつまでも忘れずに居たいものだと感じています。

5日前