51f6ckzcfol

コメント

日本の首都東京、その狭い都市の中にも
格差は存在している。

都市計画のコンサルタントして、様々な地方都市の
まちづくりを手がけてきた筆者は、
近年、住みたい街の選び方が変わってきたと感じている。

東京を、単に外側から見る「憧れの街」としてではなく
生活する場として、身近な街として
「私にとっての暮らしやすい街」を求める傾向が出てきたようだ。

この「私にとって」が大切なのだと思う。
今日、セルフ・ブランディングとまでは言わずとも
皆が同じであった没個性時代を経て、
それぞれが個性を重んじ、自分らしさを追求している。
いつまでプライドの呪縛に囚われているべきかを考えれば
住みたい街は広がっていく。

23区中、所得最下位の足立区でも
大阪市(192位)や札幌市(285位)より所得水準が高いという、
東京自体が高所得の都市であること。
その23区内でもピケティ氏の説を裏付けるかのごとく
「富の集中」が進んでいること。

東京で生まれ育った私にとって
統計を基に次々と明かされる現実は、
薄々気付いていたとは言え、
喜んで受け入れられることばかりではなかった。

更に、日本の核家族化は大正時代から始まっており、
そして2010年の国勢調査でひとり暮らしが
夫婦と子供の世帯より多くなったという事実。

それでも、少子化が問題視される日本で
23区では子供が増えているという明るい側面もある。

結論として、住んでいい区はあるが、住んではいけない区はない。
あくまでも「私にとって」住みやすい街かどうかである。

個々人がそれぞれに描く未来像に応じ
意識的に「住んでいいまち」を選ぶようにすれば良い・
言い換えるなら、まちを未来につなげていく主役を、
私たち自身が担うということなのだと筆者は言う。

訪れたい街と住みたい街が必ずしも一致する必要はないと思う。
自分らしく暮らせる街は、ここ以外にもあるかも知れないと
今、少しワクワクしている。

その他のコメント

年収、福祉、教育、犯罪、統計から読む23区の格差。人口減少社会にあって、東京の一人勝ちと言われがちな昨今だけど、その東京の中でも勝ち組負け組は生まれてきているよというお話。

でも、実際問題住むところって、そんなに考えて選んで無いというか、仕事や家庭の都合で、ある程度限定された選択肢の中から選ぶよね。
まあ、、その選択肢が限定される中で、ある程度の階層のセグメントが発生するのだけど。

って、考えると区の格差以前に、やはり相応の人それぞれの社会事情があって、それが住んでる場所に反映されているだけなのかもしれないね。

よく調べて研究しているなと思わせられる本。
でも、あくまでもデータは客観的なものなので、その客観性の要素のみで主観的な主張をするのはどうかと思った。

ただ、何でもあるけど何にもないというフレーズには吹いたw
流石‼︎

読者

F5bbdeaa 3951 4189 9225 eea4ab73955e60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a8359d0a2bfb cee4 4a56 8ee0 8d30ae78cfa23d1453a2 c7f8 4c03 8f78 f4d7f65df083 4人

社会

(111)ぼくらは地方で幸せを見つける

(111)ぼくらは地方で幸せを見つける

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c

ハイパラ

週に1冊、年間で50冊くらいは読…

ローカルヒーローという言葉に、グッとくるようになったのはいつの頃からでしょう?価値観が変わったということか?日本がようやく踏み出す新しいモデルにして、長らく続いてきた日本モデルからの転換なんで、それこそ手探りな訳ですが、若者に活力があるのはいい社会だと思います。

約6時間前

A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b1326174912335 138b 480d ab00 0baf0be8aab419827526 a639 4044 9981 d86c526cb750
消えた21億円を追え ロッキード事件 40年目のスクープ

消えた21億円を追え ロッキード事件 40年目のスクープ

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

ロッキード事件が毎日報道されてたのは覚えてるんだけどいったいどういう事件だっのかちゃんと覚えてないな、ということで手にとってみた。当時はまだ子供だったのでロッキードが飛行機を売るために田中角栄に賄賂を渡した話、というくらいの認識だったのだけど…その後、アメリカの陰謀とかいろんな説があったのは知ってるのだけどそもそもなんだったのかな、と思って。この本はNHKのテレビ番組を作る過程の覚書みたいな作りなのでコンパクトで分かりやすかった。結論としてはロッキードが全日空に旅客機を売り込むために政治家に献金した、ということで事件を畳んでしまったのだけど、実際は軍用機の売込みが本当の問題点、ということが分かる。軍事に関わることなのでアメリカも日本でも証拠が集めきれずまたあまり表沙汰にすると安全保障上もまずい、ということで無理矢理畳まれた事件だということが分かった。いくら仕事とはいえ政治家にわけのわからない金を包んだりとかそういう世界と無縁でほんとに良かったな、と思いました。 面白かった。

2日前