51vtjhu9eul

イギリスの人気児童文学作家、スーザン・プライスによる短編集。 西欧に伝わる怪談話をアレンジしたものや、オリジナルの怪談物語を収録しています。 死神をだま... 続き

コメント

外国の怖い話と日本の怖い話はやっぱり世界観が全然違いますね。

読者

510ec7e8 5b27 4007 a575 937750ffb13499e0f4a3 c14f 48c8 b653 b2ff5fd23c95

文学

プーさんの鼻

プーさんの鼻

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

kuwa

小学生を相手に、日々働いています…

俵万智は、言葉の繰り返しがうまいなぁと思う。吾子とかみどりごとかいうのが中村草田男っぽい。

約15時間前

オレがマリオ

オレがマリオ

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

kuwa

小学生を相手に、日々働いています…

「オレがマリオ」のタイトルに惹かれました。言葉選びのセンスがすごい。

約16時間前

「阿佐ヶ谷会」文学アルバム

「阿佐ヶ谷会」文学アルバム

Ed4279ff bc5f 49f2 b4e5 4ce5e26e26ac

どきん

人間科学中心に読んでます

昭和11年から47年まで主に青柳瑞穂邸で開かれていた阿佐ヶ谷文士の集まりについての本。好きな作家が多く参加していた集いだし、解説陣も豪華。でもなんとなくのれないまま流し読み。川本三郎の解説に特に顕著な懐古趣味に乗り切れなかった。ちょっと外側から会に関与していた島村利正についての、堀江敏幸による解説を読めたのが収穫。

1日前