41tdpcsrnal

コメント

自分が大人であり、現実を教えてくれる。ためになる本

読者

847622f4 5ee6 4011 9cb0 6c7f4f4626cbB945a04e 2c48 4434 808c 3cf4718217e0

ビジネス

418wgcyk4ll
0987e4a3 2213 4ada 93bc 25fe6586d15e

pujisi

こんにたわ

ヒューマンマネージメントの重要性のくだり、社員の雇用を維持するために考えていらっしゃる点に愛を感じ。労働生産性や仕組み化、キャッシュフローが手元に残る堅実な事業を選択し多角化して社員の人生を背負っていらっしゃる点にも愛を感じ。下手に時流に便乗しイノベーションを求めスタートアップ的異常値な成功を求めずに小さくても儲かるというところにも共感していると、弊社名指しで売上減の数字を見せつけられ目が覚めた。堅実な愛こそ全て。

約22時間前

41fxe4xclul
0987e4a3 2213 4ada 93bc 25fe6586d15e

pujisi

こんにたわ

少し先の未来を観る眼が養われる感覚に没入できる現代の必読書。ってくらい面白かった。 未来について。 我々がどう思おうとも世界はBECOMING。不可避的にそうなっていく。 あらゆるパターンはAIや機械学習によってCOGNIFYING。認知化され我々はどんどん賢くなり、 あらゆる情報はデジタル化されコピーが可能になりFLOWING。我々を流れていく。 私たちはそれら総てをSCREENING、画面で見ていくことになり、 欲しいときに欲しいモノへいつでもACCESSING。アクセスするようになる。 近代に支配された所有するという概念よりもSHARING。分け与えるほうが物理的にも地球環境的にもそして人間的にもメリットがあり、 未知の好みはそれぞれの個性でFILTERING。不要なものをフィルタしパーソナライズされ届けられる。 新しい価値はヒップホップばりにREMIXING。すでに存在する資源の組み合わせで再編成され、 感覚とフィジカルはあらゆるレベルでINTERACTING。双方向に影響を与え合い、 我々の行動は監視を望まずともTRACKING。追跡可能なデータに可視化される。 AIの進歩により検索と回答の精度の高まる世の中においてQUESTIONING。人間の問いそのものが非常に重要になる。 そしてそれはまだBEGINNING。 始まったばかりの序章に過ぎないのである。 魅惑的な現在進行系ワードのみのインデックスをヒップに繋げて文章にしてみるだけでも面白い未来のイメージが浮かび上がる。 チャンスはいつでもいくらでも平等にある気がする!

約23時間前

55c86764 8254 4860 a2da 7dfcc57578789c2bbf64 96cb 4c83 ba31 e14f275f845512f6cc78 9c2b 4e7e 8534 02d530c4f004 13
51okupwaj5l
0a3eccbe 9a46 45dc 943f 1c8bc41edf51

ハイパラ

年に50冊は読みたい!よろしくど…

言わんとすることは分かります。睡眠が単独では存立しませんので、自ずと生活全般に言及されるのも当然ではあるのですが、ワタシが期待していたのは、もっと睡眠に関することでした。よって物足りなさはありますが、トータルとしては、まぁねって感じでしょうか。(^^;;

1日前

E84971bf 3031 4171 85f9 e46a3b515a75Cf08a3e9 c71e 46bf 9fc3 b0f0a74b78a615617979 cec9 43f0 b68d d95b0c7f5dda
41yi4msbpvl
5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

名著「結婚の条件」の小倉さんの新刊で期待が大きかったので、ちょっと。 今回も目からウロコの話しもいくつかあるのですが、1番多くさかれているのは宝塚についてだったので、宝塚を見た事が無い私としては少しキツカッタです。もちろん私は歌舞伎も見た事ありませんけれど。 オンナとオトコの問題に詳しく、日常に感じる些細な疑問、あるいは晩婚化や少子化等の大きな問題にも鋭い分析と考察が素晴らしかった「結婚の条件」に対して本書は「宝塚」というモノにその視点が向いているため私個人として分からない部分が多かったと思います。ただ、女性が男役をやる事とその相手役を女役でなく、娘役とする宝塚の世界は恐らくまたちょっと変わった文化があるし、その変わった所に対する分析なのでしょうけれど、さすがに知識が無いので分からない部分が多かったです。 しかし、江戸時代の思想家「富永 仲基」の存在を知れて良かったです、もう少し調べてみたくなる人物でした。 宝塚を良く知っている方、その不思議さに興味のある方にオススメ致します。 2007年 8月

1日前