5168 wsrc%2bl

「人生のパートナー」と、見たことのない景色を見る(蟹座) ●「3年の星占い」シリーズ内容紹介 「12星座シリーズ」「星ダイアリー」で大人気の石井ゆかりさ... 続き

コメント

占いとは、言葉を紡ぎ出す能力なのだろうと思う。運を良し悪しで片付けない、まるで物語のような石井ゆかりさんの紡ぐ占いは、ずっと読み続けていたい。

読者

907a996d 9c7a 4e8c ac62 77c43e428217

石井ゆかりの本

金色の鳥の本

金色の鳥の本

Af143b8d 84ed 418d 9f92 4c760055822f

NOHO

自分を見失いそうなときは、家のことをする。 自分から逃げてばかりいる人は、一人でじっとひていることができない。 じっと自分だけといっしょにいる時間を持つということも「自分」と巡り合うための、ひとつの方法。 過去は今の自分にとって 大切な指標になってくれることがある。 バランスは人それぞれ違う。 果実を分かち合うより、苦労・負担を分け合うことの方が 人間関係を作り、長続きさへるために強力に作用する。 自分はどんな人間か? なにが好きでなにが嫌いか。 いろんな切り口なら 「自分はこんな人間だ」 と驚くほど沢山の条件が自分を作っている。 本当に愛情のこもった眼差しは、 悲しみや苦労や苦しさや孤独を 見ているものだろうと思います。 立ち止まり、振り向き、時にはしゃがみこむ。 そうすることで、 自分の中に眠っていた力やアイデアを 呼び覚すことができる場合がある。 あなたを大切に思っている人ほど、 あなたの心にきざしているものが理解できないとき、 大きな障害物となって立ちはだかる。 身近な大切な人に自分の歩む道をわかってもらう努力をする、 ということはなによひも自分自身のためになるのかもしれない。 達人の動作はらゆったりと、簡単にやっているようにみえる。

3か月前

3年の星占い 獅子座 2018-2020

3年の星占い 獅子座 2018-2020

Da02ad96 2f53 4fc6 9d1f 47491a18344a

kzm

ID難民

17/11/13〜25。 さらっと読んでしまった。個人の居場所の拡大、社会的居場所における自由の獲得、2020年末の待ち合わせ。たまに思い返せるといいな。

1年前

牡羊座

牡羊座

8fad0d06 83a5 470c 8417 e2bde8b8e3a1

本読むのは好きやけど 語彙力はカ…

病んだ時に買った。 おひつじ座の本って大体リーダーシップとか なんでもチャレンジするみたいなこと書いてあるけどそんなこともない。って思いながら読んでたら帯におひつじ座はこの本が1番当たってないって言うって書いてあって当たってるわぁってなった。

約2年前

青い鳥の本

青い鳥の本

A1386a05 2a5b 48b4 a14d 438cf531f1e9

ユーコン

引っ越しでダンボールにしまったま…

一目惚れしてカフェギャラリーの本棚から連れて帰りました。中古の方がときめく本に出会えているような気がするなあ。

2年前