41w8jz98jal

コメント

ペソアを知るきっかけになった本。自分にも当てはまる所があるからか凄く好きな本

裏切りのない安心感と優しさを一貫して受け取れる本です。
本を読まない友達に、映画と一緒にオススメしたい。

一生かかっても無理なんだけれども、こんな本をものにできたら、すべてを犠牲にできる。登場人物の1人が自分の性格を10個あけていくのに倣って、この本の良さを10挙げてみたい。

1.巧みなストーリー、2.魅力的な登場人物、3.深い人間観察、4.日本の街をポルトガルの街になぞらえるお洒落さ、5.意表をつく小道具、6.愛おしいほどの人間の弱さ、7.恋愛小説の王道を行くじれったさ、8.純文学の主題ともいうべき人間の心の不可思議、9.がんばる女性の気高さ、10.予想を裏切るエンディング

すーっ読める一冊でした。僕の中でも共感できるところもあり、女性ってこんな事を思いながら日々を過ごしてたりするんだと、女性の目線で文章に出来る吉田修一さんに少し驚きです。

半分くらいまでは登場人物の気持ちや行動で、昔の自分の嫌なところや経験を思い出して、読み進めるのが遅かった。

ただ、それを越えるとスラスラ読めて、話が進むにつれて気持ちが軽くなった。

最近は割と結末のはっきりした話ばかり読んでいたので、こんな感じの余韻を残す小説を読んだのは久しぶりな気がする。

映画の宣伝で、なんとなく普通の恋愛ものかなーと思っていたので後回しになっていましたが、少なくとも小説の方はすごくいいお話でした。映画もみてみようかな。
めぐみの揚げた10この性格のうちのさいご、間違えたくない、というのには、なんとなく、あーなるほど、と。
わかっているのに、間違ってるよなあとか、うまくいかないよなあとか、理論ではわかってるけど、やってみたくなることとか、諦められないこととか、ある。

読者

Icon user placeholder0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241E4d95eeb 066f 4a10 abd9 81fa9fe6f8ff2c1bd439 53dd 48d4 8db7 73e6a4501f86Abcbaea3 a181 4074 b32c 7fbe24b4f67cAd9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49a 18人

吉田修一の本

国宝 (下) 花道篇

国宝 (下) 花道篇

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

全てを捧げるということは、全てなんだろう。だんだん喜久雄に形が無くなっていくようだった。 芝居にかける情熱は、赤く燃え上がり、青くかがやき、白く発光していく。 演台で語る語り部の長い話を聞き終えた気分だ。 最後にチョン!と拍子木が聞こえた。拍手は三代目に。

約1か月前

Aa6ee617 096b 475d 9630 7cd5abb3890cEcc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b47942c7056ac 418a 49d4 bb19 db6aab51bb2b
国宝 (上) 青春篇

国宝 (上) 青春篇

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

活弁士が語ってくれるような、喜久雄の青春時代。映画のコマが流れるように、芸の道を懸命に生きる若者達の姿を映します。

約2か月前

De983aae 7f9c 4e1c 99ad 001d29ce84934b0c5241 80a2 472e b848 f6014e0eb756Aa6ee617 096b 475d 9630 7cd5abb3890c 9