41w8jz98jal

コメント

半分くらいまでは登場人物の気持ちや行動で、昔の自分の嫌なところや経験を思い出して、読み進めるのが遅かった。

ただ、それを越えるとスラスラ読めて、話が進むにつれて気持ちが軽くなった。

最近は割と結末のはっきりした話ばかり読んでいたので、こんな感じの余韻を残す小説を読んだのは久しぶりな気がする。

その他のコメント

ペソアを知るきっかけになった本。自分にも当てはまる所があるからか凄く好きな本

裏切りのない安心感と優しさを一貫して受け取れる本です。
本を読まない友達に、映画と一緒にオススメしたい。

読者

Icon user placeholder0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241E4d95eeb 066f 4a10 abd9 81fa9fe6f8ff2c1bd439 53dd 48d4 8db7 73e6a4501f86Abcbaea3 a181 4074 b32c 7fbe24b4f67cAd9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49a 18人

吉田修一の本

国宝 (下) 花道篇

国宝 (下) 花道篇

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

全てを捧げるということは、全てなんだろう。だんだん喜久雄に形が無くなっていくようだった。 芝居にかける情熱は、赤く燃え上がり、青くかがやき、白く発光していく。 演台で語る語り部の長い話を聞き終えた気分だ。 最後にチョン!と拍子木が聞こえた。拍手は三代目に。

3か月前

F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468eeAa6ee617 096b 475d 9630 7cd5abb3890c
国宝 (上) 青春篇

国宝 (上) 青春篇

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

活弁士が語ってくれるような、喜久雄の青春時代。映画のコマが流れるように、芸の道を懸命に生きる若者達の姿を映します。

4か月前

Icon user placeholderF4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c8511289b 8a2d 4fa4 8680 b8977f191636 13