51kfij%2bqpkl

東ロボくんは東大には入れなかった。AIの限界ーー。しかし、”彼”はMARCHクラスには楽勝で合格していた!これが意味することとはなにか? AIは何を得意と... 続き

コメント

2018/03/14 読了

AIに対する誤った認識と中高生が抱える課題を突きつけられました。そして、その先にある未来。
はたして幸せな2030年を迎えられるのか、暗い気持ちになってきます。20年後ですから、現中高生がバリバリの社会人の頃です。時すでに遅し?

その他のコメント

「シンギュラリティは到来するか」と「AIが人々の仕事を奪うのではないか」。
最近よく話題になるこの二つのお題と、東大合格を目指したAI「東ロボくん」の成果がこの本の骨子になっている。
著者は東ロボくんプロジェクトを主導した新井紀子さん。AIが出来ることと出来ないことを熟知しその限界も体感した彼女の、先の質問に対する答えは「シンギュラリティは来ない」と「AIは人々の仕事を(一時的に)奪う」だった。
なぜこれらの回答にたどり着いたか、その結果なぜ著者が教育において読解力の向上を最重要視するようになったか。その論理展開は読んでいてとても説得力があった。

自分がAIに持っていた漠然としたイメージが変わった。意味を理解していないということを初めて知った。
自分たちに必要な能力を考えさせられた。

読者

F64adade 26bd 472c ac66 0aa7661a28f0Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderE44b7aef 20e4 462a af2c 581ccb06e8ebEabdc9fe d35d 44f5 a3a0 31be8e906c6e771389a0 f77a 453f 9e27 51b32b3feebc46da03c0 292d 4d30 bcab ef72e7307ed6 31人

新井紀子の本