51t5bt7fgml

【伊坂幸太郎史上最強のエンタメ小説<殺し屋シリーズ>、『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる、待望の最新作!】 最強の殺し屋は――恐妻... 続き

コメント

やっぱり伊坂さん。やってくれたな。一気読みです。殺し屋シリーズはずっと続け欲しいなぁ。兜、好きだなぁ。

面白いのももちろんだけど、一気読みしないと気が抜けないのは相変わらず。

伏線があるからと注意して読んでるのに
「ああああー、それそうなのー」
が、必ずある気持ち良さが好き。

あの人がしれっと登場してニヤニヤした。

笑いのツボをくすぐられる。ゆっくり、長く楽しみたいのに一気読み。

伊坂さんの殺し屋シリーズ。やっぱり最高!懐かしのあの人やあの人も出てきます。
伊坂さんには珍しく?話の最初からずーっと、3分の2くらいが主人公目線。いつものあちこちクロスする感じがなくて、なんかいつもと違うなあと思いながら読んでいたのですが、最後はやっぱりね。ラスト3分の1から一気に、という感じ。親父、かっこいい!

久々に伊坂さん読みました。やっぱりいいなぁ。
今までの作品に出てきた名前もあって再読したくなりました。兜の家族への思いや、家族の何気ないエピソードが、ほっこりしたり、ホロリとさせてくれたり。

何となくいつもの感じと違うなと思いながらも読み出したら止まらず。
時々出てくる懐かしい殺し屋の名前にニンマリしつつ、思いがけない展開にハラハラしつつ。
充足感に浸りながら本を閉じた。
期待を裏切らない伊坂ワールドな1冊。

いつものテクニカルなストーリーはそこそこに、人間観察ような、人間模様が面白かった。たぶん男の人が読んだ方面白いと思う。

読了後、どこかほっこりした気持ちになるとは思いませんでしたね。

久々の伊坂幸太郎。
伊坂幸太郎作品は結構読んできましたが、これ、結構好きな部類かも。読後感も良いですね。

アイネクライネナハトムジークから伊坂さんに興味を持ち2作目。「殺し屋の妻は恐妻家」この謳い文句だけでも読みたくなってしまいました。面白すぎて1日足らずで読み切ってしまいました!

続きが気になってやめるにやめられなくて、泣きながら読み終わった。グラスホッパーもマリアビートルも未読だけど、これから読む。
初めて伊坂さんの本に触れたのは死神の精度だったなぁ。
本当に伊坂さんてすごいなぁ。

本屋で見つけた瞬間のテンションの上がりっぷりはちょっと恥ずかしい程でした。
殺し屋シリーズがまた読める幸せ!
ありがとうございます!!
一気に読んでしまいたいのと読み終わりたくないという感情の葛藤は久しぶりでした。
蝉や蜜柑、檸檬などの前作キャラの名前が出てくると嬉しくなりますね。
最高でした!

読者

Ebd142ef 988c 43e4 bc30 62c5c4356de718649c01 4cc2 4532 b820 00354ca1fc4a756268dd dfba 4573 9109 254684e23c6dBd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bdE143de23 46db 450c a591 eeeac87190342b0f55be 9aeb 4c07 b382 4b5f01630870B36099dd 2b9e 46b5 8b12 2a8715bcd03cB0b21dcc eca0 4ecd 901b 6b1274a2d9aa 74人

伊坂幸太郎の本