Btn appstore Btn googleplay
51t5bt7fgml

【伊坂幸太郎史上最強のエンタメ小説<殺し屋シリーズ>、『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる、待望の最新作!】 最強の殺し屋は――恐妻... 続き

コメント

やっぱり伊坂さん。やってくれたな。一気読みです。殺し屋シリーズはずっと続け欲しいなぁ。兜、好きだなぁ。

面白いのももちろんだけど、一気読みしないと気が抜けないのは相変わらず。

伏線があるからと注意して読んでるのに
「ああああー、それそうなのー」
が、必ずある気持ち良さが好き。

あの人がしれっと登場してニヤニヤした。

笑いのツボをくすぐられる。ゆっくり、長く楽しみたいのに一気読み。

久々に伊坂さん読みました。やっぱりいいなぁ。
今までの作品に出てきた名前もあって再読したくなりました。兜の家族への思いや、家族の何気ないエピソードが、ほっこりしたり、ホロリとさせてくれたり。

伊坂さんの殺し屋シリーズ。やっぱり最高!懐かしのあの人やあの人も出てきます。
伊坂さんには珍しく?話の最初からずーっと、3分の2くらいが主人公目線。いつものあちこちクロスする感じがなくて、なんかいつもと違うなあと思いながら読んでいたのですが、最後はやっぱりね。ラスト3分の1から一気に、という感じ。親父、かっこいい!

何となくいつもの感じと違うなと思いながらも読み出したら止まらず。
時々出てくる懐かしい殺し屋の名前にニンマリしつつ、思いがけない展開にハラハラしつつ。
充足感に浸りながら本を閉じた。
期待を裏切らない伊坂ワールドな1冊。

殺し屋の話なんだけど、何故か心があったまる話。主人公のやってきた事は取り返しがつかないし、最期も仕方がないものだと思ってしまうが、それでも想いを馳せてしまう。悪の裏方の最期も哀れで後始末までもが見事だと思う。そして、なんといっても主人公と妻のやりとりが、夫になったからだろうか共感せずにはいられなかった。
伊坂幸太郎さんは、作品を書いたら妻に読んでもらうらしいが、大丈夫だったのかな?と思ってしまった。
最期の数ページは何度読んでも、話全体を包んでくれる。
友達が夫になって数年経ったらプレゼントしたくなる物語。

いつものテクニカルなストーリーはそこそこに、人間観察ような、人間模様が面白かった。たぶん男の人が読んだ方面白いと思う。

殺し屋シリーズの中で、一番心温まる作品ではないかと感じました。

読了後、どこかほっこりした気持ちになるとは思いませんでしたね。

大作ではないけど、ウナ丼の山椒のようにピリりときく。最後は泣けた。家族愛か。

久々の伊坂幸太郎。
伊坂幸太郎作品は結構読んできましたが、これ、結構好きな部類かも。読後感も良いですね。

前作、前前作とは趣が違うのでどんなものかと読んでいたが一番すきかも。

殺し屋の話だけれど愛しか感じられない、そんな話だった。

アイネクライネナハトムジークから伊坂さんに興味を持ち2作目。「殺し屋の妻は恐妻家」この謳い文句だけでも読みたくなってしまいました。面白すぎて1日足らずで読み切ってしまいました!

続きが気になってやめるにやめられなくて、泣きながら読み終わった。グラスホッパーもマリアビートルも未読だけど、これから読む。
初めて伊坂さんの本に触れたのは死神の精度だったなぁ。
本当に伊坂さんてすごいなぁ。

殺し屋の哀愁、ユーモア、家族への愛などが詰まって、読んで良かったと思える小説。

本屋で見つけた瞬間のテンションの上がりっぷりはちょっと恥ずかしい程でした。
殺し屋シリーズがまた読める幸せ!
ありがとうございます!!
一気に読んでしまいたいのと読み終わりたくないという感情の葛藤は久しぶりでした。
蝉や蜜柑、檸檬などの前作キャラの名前が出てくると嬉しくなりますね。
最高でした!

『「ぱっとする仕事ってなんですか。暗いというのは、単に、静かに日々を楽しむことができる、ということですよ」明るい性格です、と自称する人間がえてして、他者を巻き込まなくては人生を楽しめないのを兜は知っている。』(p.144)

これが主人公、兜の生き方・他者観を表しているように思う。
主人公の兜は人間らしく、愛する妻と子を持つという弱みを抱えており、そして「医師」は反面で『この医師自身が・・・医療器具の一つ』のような無機質さ、コンピュータのような強さを持っていた。
しかし結局、家族を愛する、日常で出会う他者を愛するという善良さは兜の圧倒的な強みとなる。そして医師の無機質さは臆病さの現れでもあった、といったところだろうか。

この物語は暗殺者の物語であり、かなりの人間が簡単に殺害されたり、身を滅ぼすことになる。
ところが読み進めると家族の物語、夫と妻のラブストーリーを読んでいるという体験に変わっている。

こういう物語体験ができるのはとても素敵なことだと思う。

そして、やはり幻のDの物語はあるのだろうか、Crayonだけ小文字が用いられているのは子供を巡る物語だったからなのか、と読んだ後も様々仕掛けがありそうな点もまた楽しい。

読者

06366088 606b 4aef aa97 2e92c3a2c0a479896635 57bf 46df 851f 4816e877a9c2Icon user placeholder1d65c4c2 df5e 4182 a2c6 ab2f3f8f31b85af2c87c 0908 42f4 878a 9aad6f4b33f4Icon user placeholderE29b7181 6c2e 4dfd 934c 787f314924e32c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f 134人

伊坂幸太郎の本

バイバイ、ブラックバード

バイバイ、ブラックバード

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

借金を重ねて〈あのバス〉で恐ろしいどこかへ連れて行かれることになった星野一彦。彼は怪物のような巨体で常に他人に悪態をつく女性繭美とともに、交際する5人の女性に別れを告げに行く・・・という話。 登場人物の誰もがキャラクターが立っている。 主人公の星野は悪びれもせず五股をかける最低の男のはずなのに、馬鹿正直で何故か憎めない。そして5人の女性は怪盗の真似事をする突拍子のないところがあったり、冷静な女優なのにどこかズレたユーモアがあったり、どの女性も素敵だ(星野が惹かれたのも頷ける)。 そして繭美も性格が悪いだけの女ではなく、星野と関わっていく中で少しずつ心境の変化がしていく。だからこそラストでいい味が出ている。 6本の短編からなるが、自分としては「パン」になりたかった、という下りが1番感動した。 全ての登場人物への愛を感じる面白い小説だった。

約24時間前

E2319e6b 63e7 49aa a903 eaf802817a72Icon user placeholderIcon user placeholder 11
オー!ファーザー

オー!ファーザー

057d454f dd1f 452e b80a 120b362122b7

SaI

アプリ登録したばかりの初心者です…

すごく面白かった!最初から最後まで読むの止まらなくなりました。個性的な登場人物たちのやりとりや、様々な謎のピース。最後はあぁー、ここに伏線あったのかと伊坂幸太郎ワールドのどっぷりとハマりました! 父親が4人とか、高校生の男の子グレるじゃない?とあらすじだけ読んだ時思ったが、個性的でありながらも息子思い(子離れできない?)の父親に囲まれてすこし鬱陶しいと思いながらも何だかんだ父親たちが好きな由紀夫にすこしほっこりとした気持ちになります。 個性的な登場人物のテンポのいい会話はの楽しさはミステリー要素もあり面白い小説ですので是非とも読んでほしいと思います!!

2か月前

9e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffaE2319e6b 63e7 49aa a903 eaf802817a72Icon user placeholder 24
AX アックス

AX アックス

00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10

ほんのむし

2020年50冊目。泣きそ〜あ〜ってじわじわくる感じの泣き方じゃなくて、唐突に溢れるみたいに泣いた。たった一行なのに。/20200312

4か月前

9bd1b2c1 e7a2 4379 ad5a 7a12d0da13edE34c36cf 4c3f 4c0d 90d4 34d2aa6aac42057d454f dd1f 452e b80a 120b362122b7 30