51t5bt7fgml

【伊坂幸太郎史上最強のエンタメ小説<殺し屋シリーズ>、『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる、待望の最新作!】 最強の殺し屋は――恐妻... 続き

コメント

やっぱり伊坂さん。やってくれたな。一気読みです。殺し屋シリーズはずっと続け欲しいなぁ。兜、好きだなぁ。

面白いのももちろんだけど、一気読みしないと気が抜けないのは相変わらず。

伏線があるからと注意して読んでるのに
「ああああー、それそうなのー」
が、必ずある気持ち良さが好き。

あの人がしれっと登場してニヤニヤした。

笑いのツボをくすぐられる。ゆっくり、長く楽しみたいのに一気読み。

久々に伊坂さん読みました。やっぱりいいなぁ。
今までの作品に出てきた名前もあって再読したくなりました。兜の家族への思いや、家族の何気ないエピソードが、ほっこりしたり、ホロリとさせてくれたり。

伊坂さんの殺し屋シリーズ。やっぱり最高!懐かしのあの人やあの人も出てきます。
伊坂さんには珍しく?話の最初からずーっと、3分の2くらいが主人公目線。いつものあちこちクロスする感じがなくて、なんかいつもと違うなあと思いながら読んでいたのですが、最後はやっぱりね。ラスト3分の1から一気に、という感じ。親父、かっこいい!

何となくいつもの感じと違うなと思いながらも読み出したら止まらず。
時々出てくる懐かしい殺し屋の名前にニンマリしつつ、思いがけない展開にハラハラしつつ。
充足感に浸りながら本を閉じた。
期待を裏切らない伊坂ワールドな1冊。

殺し屋の話なんだけど、何故か心があったまる話。主人公のやってきた事は取り返しがつかないし、最期も仕方がないものだと思ってしまうが、それでも想いを馳せてしまう。悪の裏方の最期も哀れで後始末までもが見事だと思う。そして、なんといっても主人公と妻のやりとりが、夫になったからだろうか共感せずにはいられなかった。
伊坂幸太郎さんは、作品を書いたら妻に読んでもらうらしいが、大丈夫だったのかな?と思ってしまった。
最期の数ページは何度読んでも、話全体を包んでくれる。
友達が夫になって数年経ったらプレゼントしたくなる物語。

いつものテクニカルなストーリーはそこそこに、人間観察ような、人間模様が面白かった。たぶん男の人が読んだ方面白いと思う。

殺し屋シリーズの中で、一番心温まる作品ではないかと感じました。

読了後、どこかほっこりした気持ちになるとは思いませんでしたね。

久々の伊坂幸太郎。
伊坂幸太郎作品は結構読んできましたが、これ、結構好きな部類かも。読後感も良いですね。

アイネクライネナハトムジークから伊坂さんに興味を持ち2作目。「殺し屋の妻は恐妻家」この謳い文句だけでも読みたくなってしまいました。面白すぎて1日足らずで読み切ってしまいました!

続きが気になってやめるにやめられなくて、泣きながら読み終わった。グラスホッパーもマリアビートルも未読だけど、これから読む。
初めて伊坂さんの本に触れたのは死神の精度だったなぁ。
本当に伊坂さんてすごいなぁ。

本屋で見つけた瞬間のテンションの上がりっぷりはちょっと恥ずかしい程でした。
殺し屋シリーズがまた読める幸せ!
ありがとうございます!!
一気に読んでしまいたいのと読み終わりたくないという感情の葛藤は久しぶりでした。
蝉や蜜柑、檸檬などの前作キャラの名前が出てくると嬉しくなりますね。
最高でした!

読者

D08c46be f694 44a1 8011 94d357c409b04c5f6d9a 1d08 4d8a 984b df9d081a75796279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204aC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c2Icon user placeholder345e2ca0 2bcf 4e9b 9adc 1ae8817de60e 98人

伊坂幸太郎の本

フーガはユーガ

フーガはユーガ

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176

三才

メールを送るのが仕事です。

読み進めると、ああこの人はこういう話を描くんだった、とどんどん読むスピードは加速し物語に引き込まれる。乾いた暴力と後半の畳み掛ける展開、読ませる力すごい。 あとこの表紙がすごく好き。

約2か月前

5d18af28 0dce 48f0 9884 654130010f9284d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c6 125
首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

最後に向かって、 バラバラだったものが収束するような物語ではないけれど、 1つ1つがしっかりおもしろい連作短編集でした。 途中、あまりのストーリーの完成度に脳みそがじんわぁ〜ってなりました。 めっちゃいい映画観たときみたいな。 無理矢理というか、 こじつけというか、 一見そんな風にも見えるんだけど、 全然そう感じさせないのが伊坂さんの文章力。 登場人物たちのセリフの書き方が映像的でいいなぁ。 「時空のねじれって、あると思うか?」

4か月前

1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c266b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aIcon user placeholder 20