9784098603527

変化を嫌う都で、カルテットは進化に挑む! 大不在の「NUMBER FIVE」で 強く激しく存在感を示すのは 英国から来たスーパーテナープレーヤー・ ... 続き

コメント

その他のコメント

帯の「変化を嫌う都で、進化に挑む」とあるように、まさに今回さらなる段階へと繋がって行く巻だった。曲者たちが歩調ではなく目標を同じにしていき邁進する姿は見ていて気持ちが高ぶる。
知っている漫画の中でもっとも勢いを感じる集中線が、聴こえないはず、知らないはずのジャズを感じさせてくれる。ぜひイベントにも足を向けてみたく思う。

読者

03cce5dd c435 48a4 bafc cf986643d779Cfcac1ce 1906 4eb5 b246 12ed0104cd61

石塚真一の本

BLUE GIANT SUPREME 5

BLUE GIANT SUPREME 5

4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2

snowparade

漫画多めです。小説も読みます

だんだんとバンドがまとまりつつある巻です。 4巻までは、堅物のブルーノとプライドの高いハンナ、本性を表さないラファ…上手くやっていけるのか不安でしたが、お互いがお互いの「譲れない」部分を理解し始めるにつれて、プレースタイルにも変化が出てきました。 あちらが悪い…の応酬だったのが、こう合わせればいい…に変化してきて、バンドとして一から合わせていくのに集中していったお陰です。 次からは本格的にバンドがスタートする模様…。 ますます面白くなってきて、本当この漫画はどこまで面白くなるんだろう…と底知れないポテンシャルの高さに驚きです。

1年前

28152936 0cef 4431 8f58 9f531d6d7601Icon user placeholderA569141e 0111 4df0 919d a522e18d1c3f
BLUE GIANT SUPREME(4)

BLUE GIANT SUPREME(4)

4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2

snowparade

漫画多めです。小説も読みます

ついにバンド結成! しかしピアニスト・ブルーノの堅物加減はどうにかならないものか…。でも、ハンナの冷静さ・ラファエルの軽さ・大のポジティブさ…そういうのを合わせていれば何とかブルーノもいい形に収まるのかなと。あとはワールドワイドなバンドになるためにお互いの理想を擦り合わせてよりよい演奏に繋げてくのみですね!多分。 そして、毎回楽しみにしてるボーナストラック!何だかワクワクする内容でした。 また、表紙のハンナ。 演奏してる時は結構負けん気の強そうな、歯を食いしばってる絵が多いのですが、表紙のハンナは朗らかな表情をしていていいなぁと思いました。

1年前

E7514d2a f108 4d2f 9205 ceb381fc4f1d00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920
BLUE GIANT SUPREME 3

BLUE GIANT SUPREME 3

4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2

snowparade

漫画多めです。小説も読みます

ついに、ベーシスト・ハンナとの2人組バンドが始動しました! と同時にポーランド人のピアニスト・ブルーノも加わりそうな感じで…。 日本でやってたバンド・jassが何だか懐かしくなってきますね。この漫画でピアニストといえば雪祈ですから…もう一度組むことは叶わないんだろうと知りながら、やっぱり少しさみしい気も。 物語は2人が組み始めて、音楽界の重鎮に聴いてもらうところまでを描いています。 言葉は少ないながらも練習を通して、お互いがお互いを理解しようとしているところが胸熱です。さらに堅物のピアニストが…3人ともが結構な頑固者なのですが、音楽に対しての姿勢や取り組み方のストイックさは同じなのだからきっと上手くいってくれるのでしょう! 次の4巻が楽しみです! (受験勉強が終わったので、3巻・4巻を同時に購入してるので今から読み始めます笑)

1年前

A0909de7 26e2 4d52 bc02 380338bf926f00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f9204f9f90e8 ffb2 4acb a00c 3fb81bb7bc5c 9