51utvy7oqgl

コメント

いまから3000年前、ギリシャや中東など地中海沿岸では複雑に入り組んだ国際関係が出来上がっていたのが、海の民と呼ばれる侵入者によって突然の終焉を迎えるのがタイトルになっている紀元前1177年。しかし海の民とはなんだったのかは未だ明らかでなく、より複合的な原因があったことを論ずる著者による綿密な調査研究が圧巻。
エジプトにヒッタイト、ミタンニ、ミュケナイ、バビロニアなど多数の国が交易や戦争などを通じて現代に通じるような国際関係を築いていたことには素直に驚かされた。例えば青銅器に必須の原料である錫が現代の原油のような極めて戦略的な資源となっていて、その需給バランスの崩れが入り組んだ国同士の関係に大きなインパクトを与えていたことなど、まさに歴史は繰り返すんだなと。
また、考古学の研究にも流行り廃りがあるというのもなかなか面白い。

今のギリシャ、トルコ、シリアからパレスチナ辺り、イラン、イラク、エジプト、当時の国名だとミノア・ミュケナイ、ヒッタイト、ミタンニ、カッシート朝バビロニア、エジプトといった辺りは紀元前1300年頃をおそらくピークとしてかなり高度な文明がありグローバル文明としか言いようのない交流と繁栄をしていたのだという。これが紀元前1177年辺りに一気に崩壊し、エジプトを除く国々は滅んでしまいギリシャに改めて文明が興るまでに数百年を要した、そしてこれら文明の消滅は「海の民」による侵略と破壊が原因と言い伝えられているのだという。本作はその滅亡の原因が本当に侵略によるものなのか、を検証しようという試み。前半では滅ぶ前の繁栄が描かれているのだがこれが想像を超えて素晴らしく、沈没船や粘土板に彫られた文書から多くのことが分かっているのだが、当時の大国同士は縁戚や貿易で頻繁にやり取りしあっており貿易の量も銅が10トンとかそういうレベルでやり取りがされていたのだそうだ。文書も大量に発見され解読されており例えばパビロニアの王がエジプトのファラオに「金を贈ってくれたら娘を一人差し上げます」みたいなものまで発見されているのだという。後半ではそれらがいかに滅んでしまったか、の検証が行われるのだがこちらもかなり説得力のある論旨展開がされており興味深かった。かなりの面白さ。図版の類がもっとあるとより良かったと思う。おすすめです。

読者

Icon user placeholderC9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c08e28c20 6b2b 418b be61 cedca12c5622C6d2e74d f9d5 4615 bea6 b8965495a867Icon user placeholderIcon user placeholderA5842465 cd81 4d78 acd9 29b6e11548d3 12人

新刊

亜人(13)

亜人(13)

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

永井 VS 佐藤。 いよいよ最終ウェーブ突入! 対亜人特選群も動き出して、佐藤討伐に向けていよいよ大詰めになってきました。 永井君の頭の回転の速さで佐藤の目的を掴んで、それに対してどう動いていくのか?どう展開していくのか? …全く想像がつかないです。 これこそが『亜人』の面白さだと、すごくワクワクします。 国を攻撃された時の弱点とかよく考えられていて、実際だったらどうなんだろうな〜と思ったり、ヤバイ事を隠蔽しようとする政治家とか、すごく皮肉った見方もあり面白いです。 最後まで楽しみで仕方ないです!

約7時間前

5ab95e8b 7771 43d1 aaef 02b5193523b1C9243ba4 489a 4ba1 a0c6 ceee7f24722b
福岡はすごい

福岡はすごい

47cb5799 a38a 4856 87b2 82b461119acd

Hibiki

I read books

コンパクトシティ、リバブル、グローバル、イノベーションとエンターテイメント、港湾都市、大学の研究シーズ、市長、、、など成功した所以はわかったけど、それらがなぜ大事なのかもう少し詳しく知りたい。

1日前

C6541c1a af4c 4abd a981 30e7891f96bd42d19b64 15d7 43d8 9e63 49edecfd6673F252617d 2a44 4c6a 9d72 afebeac5e664 10