51utvy7oqgl

コメント

いまから3000年前、ギリシャや中東など地中海沿岸では複雑に入り組んだ国際関係が出来上がっていたのが、海の民と呼ばれる侵入者によって突然の終焉を迎えるのがタイトルになっている紀元前1177年。しかし海の民とはなんだったのかは未だ明らかでなく、より複合的な原因があったことを論ずる著者による綿密な調査研究が圧巻。
エジプトにヒッタイト、ミタンニ、ミュケナイ、バビロニアなど多数の国が交易や戦争などを通じて現代に通じるような国際関係を築いていたことには素直に驚かされた。例えば青銅器に必須の原料である錫が現代の原油のような極めて戦略的な資源となっていて、その需給バランスの崩れが入り組んだ国同士の関係に大きなインパクトを与えていたことなど、まさに歴史は繰り返すんだなと。
また、考古学の研究にも流行り廃りがあるというのもなかなか面白い。

その他のコメント

今のギリシャ、トルコ、シリアからパレスチナ辺り、イラン、イラク、エジプト、当時の国名だとミノア・ミュケナイ、ヒッタイト、ミタンニ、カッシート朝バビロニア、エジプトといった辺りは紀元前1300年頃をおそらくピークとしてかなり高度な文明がありグローバル文明としか言いようのない交流と繁栄をしていたのだという。これが紀元前1177年辺りに一気に崩壊し、エジプトを除く国々は滅んでしまいギリシャに改めて文明が興るまでに数百年を要した、そしてこれら文明の消滅は「海の民」による侵略と破壊が原因と言い伝えられているのだという。本作はその滅亡の原因が本当に侵略によるものなのか、を検証しようという試み。前半では滅ぶ前の繁栄が描かれているのだがこれが想像を超えて素晴らしく、沈没船や粘土板に彫られた文書から多くのことが分かっているのだが、当時の大国同士は縁戚や貿易で頻繁にやり取りしあっており貿易の量も銅が10トンとかそういうレベルでやり取りがされていたのだそうだ。文書も大量に発見され解読されており例えばパビロニアの王がエジプトのファラオに「金を贈ってくれたら娘を一人差し上げます」みたいなものまで発見されているのだという。後半ではそれらがいかに滅んでしまったか、の検証が行われるのだがこちらもかなり説得力のある論旨展開がされており興味深かった。かなりの面白さ。図版の類がもっとあるとより良かったと思う。おすすめです。

読者

C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c08e28c20 6b2b 418b be61 cedca12c5622C6d2e74d f9d5 4615 bea6 b8965495a867Icon user placeholderIcon user placeholderA5842465 cd81 4d78 acd9 29b6e11548d39b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d 11人

新刊

能面検事

能面検事

B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee

モコ

ネットよりも、活字が大好きです。

日本の検察組織にいったい不破検事の様な検事は、存在するのだろうか? 不破検事が、能面検事と呼ばれるようになったきっかけは本作品中にありましたが、検事の内面は伺い知れません。是非、続編にて掘り下げて頂きたいです。

約13時間前

夢胡蝶 羽州ぼろ鳶組

夢胡蝶 羽州ぼろ鳶組

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

第6巻。今回は、男前ぼろ鳶纏番・彦弥が話の中心です。とても男前なのですが、それ以上にイイ男です。とびっきりの花魁・花菊とのコンビは、匂い立つようです。彦弥には幸せになってほしい!炎の吉原で二人は出会います。源吾の活躍も鳶達の頑張りも見逃せません。火消し達の揉め事は大抵「火を消す」この一点で繋がり、解決します。それが通用しない吉原。次から次へと面白いシュチュエーションが思いつくものだと感心してしまいました。第1巻から一年半で6巻。次回は11月!火消しは早い。今村先生も早い。

約13時間前

5dd9fbc0 a59e 49ac 887b 646fd19200c46c691830 1283 4653 871c d81a06afb94976bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96d
復活力

復活力

840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0

Bighead

趣味:読書、バス釣り

サンドウィッチマンは面白いし、仲良いし好感持てるね。

1日前