51utvy7oqgl

コメント

いまから3000年前、ギリシャや中東など地中海沿岸では複雑に入り組んだ国際関係が出来上がっていたのが、海の民と呼ばれる侵入者によって突然の終焉を迎えるのがタイトルになっている紀元前1177年。しかし海の民とはなんだったのかは未だ明らかでなく、より複合的な原因があったことを論ずる著者による綿密な調査研究が圧巻。
エジプトにヒッタイト、ミタンニ、ミュケナイ、バビロニアなど多数の国が交易や戦争などを通じて現代に通じるような国際関係を築いていたことには素直に驚かされた。例えば青銅器に必須の原料である錫が現代の原油のような極めて戦略的な資源となっていて、その需給バランスの崩れが入り組んだ国同士の関係に大きなインパクトを与えていたことなど、まさに歴史は繰り返すんだなと。
また、考古学の研究にも流行り廃りがあるというのもなかなか面白い。

その他のコメント

今のギリシャ、トルコ、シリアからパレスチナ辺り、イラン、イラク、エジプト、当時の国名だとミノア・ミュケナイ、ヒッタイト、ミタンニ、カッシート朝バビロニア、エジプトといった辺りは紀元前1300年頃をおそらくピークとしてかなり高度な文明がありグローバル文明としか言いようのない交流と繁栄をしていたのだという。これが紀元前1177年辺りに一気に崩壊し、エジプトを除く国々は滅んでしまいギリシャに改めて文明が興るまでに数百年を要した、そしてこれら文明の消滅は「海の民」による侵略と破壊が原因と言い伝えられているのだという。本作はその滅亡の原因が本当に侵略によるものなのか、を検証しようという試み。前半では滅ぶ前の繁栄が描かれているのだがこれが想像を超えて素晴らしく、沈没船や粘土板に彫られた文書から多くのことが分かっているのだが、当時の大国同士は縁戚や貿易で頻繁にやり取りしあっており貿易の量も銅が10トンとかそういうレベルでやり取りがされていたのだそうだ。文書も大量に発見され解読されており例えばパビロニアの王がエジプトのファラオに「金を贈ってくれたら娘を一人差し上げます」みたいなものまで発見されているのだという。後半ではそれらがいかに滅んでしまったか、の検証が行われるのだがこちらもかなり説得力のある論旨展開がされており興味深かった。かなりの面白さ。図版の類がもっとあるとより良かったと思う。おすすめです。

読者

Icon user placeholderC9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c08e28c20 6b2b 418b be61 cedca12c5622C6d2e74d f9d5 4615 bea6 b8965495a867Icon user placeholderIcon user placeholderA5842465 cd81 4d78 acd9 29b6e11548d3 12人

新刊

ブルーローズは眠らない

ブルーローズは眠らない

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

青いバラの科学的根拠もなかなか難しい。 それを読み進めることが出来たのは、少年エリックと博士家族との交流のおかげだ。 マリアと漣のコンビも爽快で、推理と発想も素晴らしい。 一作目よりコンビの活躍があり、本の方向性が理解しやすかった。「ジェリーフィッシュ」は普通のサスペンスと違っていたけと、今回は通常通りの進み具合だったので読みやすかった。どちらが、良いとは言えないが。 三作目を読んでみよう。

約4時間前

10807a3b 2146 4705 817c b6e294801fb3Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09Da89d462 9367 4b41 968a 24fe70ba9057
櫻子さんの足下には死体が埋まっている 蝶の足跡

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 蝶の足跡

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

シリーズ11作目 今回は特に重たいテーマな気がする 罪を犯した人の罰が罪に対して適正かどうか 事件のバックに何があるかで 感じ方は違ってくると思う 裁判員制度で関わった人達は 素人さんだからたくさんの事件を目の当たりにしているわけじゃないから 罪に対する罰に納得がいかなくても仕方がないのかもしれない 特にその犯人が反省もなく のちに何度も事件を起こしていたら… 彼らのやった事が正しいのか間違っているのかと聞かれたら きっと間違っているのだろう だけど気持ちはすごくわかる

約22時間前

Dc517a4f 766c 4286 89a1 c72ec6b9f86384703104 cd55 42bc 96d8 564689d43e3186bbc20f c5ee 4cab 8b11 3bc7cfdf22d2
OKR シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法

OKR シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法

Akiaivjyeuyp25rambwa

juuuun_o

スタートアップ起業→メガベンチャ…

本書を手に取る方は、最近耳にすOKR?、Googleかどっかが提唱する目標達成方法?のような認識かと思います。先に述べるとOKRの概要は理解出来るが業界/ケース別具体論を求める方にはミスマッチかと思います。 OKRとは、小さな脱線がどれだけ発生しても、大きな目標を実現するために、グループや個人を大胆なゴールに集中させる手法を指します。本書で著者が繰り返し述べていることは、チームのフォーカスすべき点を維持すること。これが全てとも言及しています。メンバー全員の頭にゴールが浮かび、あるゆる活動がゴールと結びつくように設定したOKRが四半期内で安易に変わっては、OKRの根幹が揺らぎます。 日々の業務で、あれ?これは何を解決するタスクだっけ?直感だけどエンドユーザーが喜びそうだから実装しよう?よくある、色々施策を打ったが定量成果に結びつかず困っている方、目標達成指標だけでなくビルドアップ手法としてもOKRを学習してみるのは非常に効果的だと思うので、チームビルディングにもおすすめの一冊です。 僕がスタートアップにコミットしていた際に何度も繰り返したのが、フォーカス不足です。本書では何度も書かれています、OKRはフォーカスする事が全てだと。

約23時間前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c953c46b22 4cde 4fa0 9dff fc39a84be3c1743b9593 b409 4abe b6c1 e420eae4686d 15
世界 幻想とファンタジーの情景

世界 幻想とファンタジーの情景

Be32b7b2 9634 4ece 8e1e 1146cb002797

やし太郎

なかなか本を読む時間が最近は取れ…

実在するものとは思えぬ、映画かアニメのシーンを集めたかのような本でした。しかもほとんどが、全く聞いたことのない場所で、世界にはまだまだ穴場が多いのだなあと思うばかりです。秘境だった(と思われる)ウユニ塩湖のように、10年〜20年後には、この本に掲載の数箇所はメジャーになって多くの人に直接観てもらいたいなあ、という思いと、このまま世界の秘境でいてほしい、という思いが混在してます。 とりあえずアイスランドには、行ってみたくなります。

1日前