61az%2bqdm3nl

あの「アニメ私塾」のノウハウがついに書籍化!最速で上手くなるには「模写」をしよう!「単純化→細部」の順でなんでも描ける!画力アップのカギは「肩・腰」の表現... 続き

コメント

グノシーで拾った記事経由で。読むはたやすく、顔ひとつとっても描き方間違えてることに気づかされる。以前に比べて体ごと描くイメージになってきてはいると思うのだがさらに意識して。ここから図書館返却まで模写、か。

読者

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cIcon user placeholder04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca148ad82b cc80 4c78 aae9 03fc0aee6cdb 4人

新刊

昭和の怪物 七つの謎

昭和の怪物 七つの謎

Eb55cb01 7a1e 4d08 af64 451a7415e66a

(ㆀ˘・з・˘)

(c" ತ,_ತ)

東條英機も石原莞爾も吉田茂も充分に怪物だが、一番謎めいているように思えた瀬島龍三が、その謎多き怪しげな存在感故に、この中では一番怪物に思えた。 また、理由はどうあれ東條のような人間に国を任せたことは、本当に悲劇であり笑えない喜劇であると感じた。 二度とあってはならない。

約1時間前

天地に燦たり

天地に燦たり

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

儒学の話は難しい。そして、戦国の世の中では矛盾しかない。巡り会うはずのない人生で「久高」「真一」「明鐘」は出会う。国籍や立場が違う三人だが、世代が違う事にやはり意味があるのだろうか。決して混ざらぬ三人に「礼」がある。 豊臣秀吉の無謀な「唐入り」朝鮮への出兵。あまり語られない、朝鮮からみた侵略者「倭」の悲惨と恐怖を始めて読む。鬼のような戦地で鬼になるべく戦う「久高」は見ていて辛い。「久高」は「礼」を人に語る事はない、人に知れる事も無い。心の中でのみ呟く「久高」に、胸が締め付けられる思いがした。 儒学の教えは尊い。「明鐘」の「道学先生」への問いは私の問いだし、解は納得がいく。机に座っていればの話だけれど。 読後、沖縄の空の青さが目にしみてきた。

約9時間前